「いい円安、悪い円安」論を一刀両断!

【著者】

ドル/円109円台が「悪い円安」?

ドル/円相場が約6年ぶりの高値を付ける昨今、巷ではまことしやかに「いい円安、悪い円安」議論が盛んになってきました。
この「いい円安、悪い円安」という議論は、発言する人の立場や環境に帰することが殆どで、内需に依存する企業・集団にとって円安は「悪」であり、輸出が主たる収益源の企業・集団にとって円安は「善」である構図が当てはまることからも、その利害・損得によって意見や見方は様々。
ただし、日本経済全体のトータルバランスから考えると、産業構造上円安は株高に繋がりやすく、GDPにとっても株高をもたらす円安は「善」という考え方が主流。
そもそも、109円前後のドル/相場が行き過ぎた円安ということになると、例えば第一次安倍政権時の124円台の時の経済状態はどうだったのか、もっと遡れば高度経済成長時のドル/円相場はどうだったのかという話になってしまいます。
しかも、現在の為替相場の環境は日・米・欧通貨当局にとって言わば「三方よし」の状態であり、円安は副次的要素が大であること(=「ドラギ配当」「イエレンボーナス」の側面)、また貨幣数量は物価と正比例するという「フィッシャーの交換方程式」(MV=PT。M:貨幣数量、V:貨幣の流通速度、P:物価、T:一定期間の取引数量)に照らし合わせても、現在の日銀の金融政策は「インフレ」→「通貨安」を目論んでいることは確か。
政策当局の立場やマネタリーアプローチをしっかりと踏まえた上で、「国策(政策)に逆らうべからず」を取引哲学としつつ、安易な悪い円安論に乗らないことが得策と考えますが、いかがでしょうか?

本日20時、トルコ中銀政策金利(レポレート)発表!

そんな中、当コラムでも何度かお伝えしている通り、「相場は常にシンプルなロジックで動く」という考え方からすると、水が高いところから低いところへ流れるのとは逆の動きをするのがお金の流れ。つまり、お金は金利の低いところから高いところへ移動するというのは基本中の基本。そういった意味から、相対的に高金利政策を続けている(続けざるを得ない)国が・・・トルコ。
本日25日の日本時間午後8時に政策金利(レポレート)の発表を控えており、概ね事前予想は8.25%で据え置き予想。
([参考]南ア:5.75%、NZ:3.50%、豪州:2.50%)
当社でも今週22日からトルコリラ/円の取引がスタートしており、何といってもその魅力はスワップの相対的高さ。(9/25時点で1万通貨あたり95円)
通称エキゾチック通貨とも呼ばれる新興国通貨であるというリスクにも視座を置きつつ、中長期視点から歴史的安値圏にあるトルコリラ/円を投資対象の一つに加えてみるのも一案です。

Turkish yen

マネースクウェアプラスPROJECT 第1弾
トルコでトラリピ!トラップでトルコ!トルコリラ/円特設ページ

http://www.m2j.co.jp/landing/tryjpy/?adid=hp00335&p=home

当社提供番組(テレビ)
日経CNBC「FXマーケットスクウェア」(月~金 20:00~20:05)

http://www.m2j.co.jp/landing/fx_market_square/

当社提供番組(ラジオ)
ラジオ日経 ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア(毎週金16:00~16:45)

http://market.radionikkei.jp/fxms/

マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント|比嘉 洋様 ご寄稿記事
bn_350_80

津田 隆光|マネースクウェア・ジャパン

投資こそ、おもしろおかしくシンプルに 津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」では隔週金曜日にコメンテーターを務める。