マーケット

“ポスト鉄火場マネー”に見える先は、ギリシャの果てしなき暗雲

【著者】

昨今のユーロ/ドル相場は、プロの鉄火場相場と化しているような様相。
新旧債券王と呼ばれるビル・グロスとジェフリー・ガンドラック両人が、独国債の空売りを推奨したことで俄然巻き返しの展開に。

4月21日に“旧”債券王のビル・グロスがそのツイッターで「独国債は空前絶後の空売りチャンス。問題はタイミングだけ。」と呟くや否や、独国債価格が急落(利回りは急上昇)。
一時史上初の利回り0.10%割れを示現した独10年債が、その“呟き”効果もあり0.70%を超えるような状態に。(国債価格は急落)
これを基点に、各国長期金利も急上昇し足並みを揃えたものの、米独金利差の縮小もあり、足元ではユーロ買い・ドル売りの動きとなり、先週・今週と1.1400ドル台を示現。
“官製相場”ならぬ“呟き相場”とも言えますが、まさにプロの鉄火場マネーが雪崩れ込んでいる状態なのが今のユーロ/ドル相場なのかも知れません。

そんな中、我々の視線の先は“ポスト・鉄火場マネー”の足元に存在すギリシャ債務問題
今週12日にIMFに対して7.5億ユーロ(約1000億円)の支払いを何とか終えたギリシャですが、一部にはSDR(特別引き出し権)6.5億ユーロ(約880億円)を行使したのでは?との噂も。
ギリシャのSDR残高が払底したとの噂も出る中、“崖っぷち”ギリギリの綱渡り状態であることは想像に難くありません。

ちなみに今後の“借金返済計画”を挙げてみると・・・5月末:年金支払い+給与支払い25億ユーロ(約3400億円)、6月末:対IMF、15.5億ユーロ(約2100億円)、7-8月:ECB保有のギリシャ国債の大量償還100億ユーロ(約1兆3500億円)。
文字通り、一難去ってまた一難という状態ですが、目先の重要ポイントは、6月末を以てEU等債権団による第2次金融支援が終了するということ。
7-8月の桁違いの借金返済をクリアするためには第3次金融支援が必要不可欠ですが、これは6月末までの借金を完済して初めて交渉の余地があるということ。

独国債の空売り筋が果実を獲った後に残されるのは、やはりギリシャ絡みの果てしなき暗雲。
現在のユーロ/ドルの反発は、決して底打ちではなく、いわゆる“デッド・キャット・バウンス”(「Dead Cat Bounce」。死んだ猫でも高いところから落とせば弾むというウォール街の格言。) と捉える方が無難と考えますがいかがでしょうか?

ユーロドル

当社提供番組(ラジオ)
ラジオNIKKEI ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア(毎週金15:10~16:00)

http://market.radionikkei.jp/fxms/

当社主催会場セミナー
全国セミナープロジェクト2015・福岡セミナー『プロから学ぶマーケット分析』(5/30[土])

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2474
※M2Jの開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント|比嘉 洋様 ご寄稿記事
bn_350_80

津田 隆光|マネースクウェア・ジャパン

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」では隔週金曜日にコメンテーターを務める。