マーケット

ハロウィン緩和の波に乗れ!!

【著者】

やっときたドル円の押し目は買いか

本日のドル円は、寄り付きこそ114.02円だったものの、114円台はその瞬間だけでした。
昨晩は114円台に何度も乗せたものの、数秒で戻したことや、指標発表で瞬間的にストップを引っかけた後に上昇するも続かずに30分程度で元に戻るなど、短期のトレーダーにとって非常に嫌な値動きでした。

ドル円1104_15分

114円台に乗せるまでは、断続的な買いが入り、全く下げてこない強い動きで、このまま115円手前までいってもおかしくない値動きでした。
しかしながら、節目を突破したことでようやく利食いも出てきて荒っぽい値動きとなり、それに嫌気がさしたトレーダーが追随買いをしなくなった為に、利食い場となったようにも思えます。金曜日、月曜日の2日間は下押しが50銭程度のでしたが、本日は昨晩の高値から約1円の下落となり、初めての押し目らしい押し目となっています。
米国と日本の金融政策の違いから、今後も上昇の可能性は非常に高く、大手ヘッジファンドは115円以下でポジションの構築を終わらせておきたいと考えているようです。そういった市場関係者のコメントもあり、113円台前半ではしっかりと買いポジションをつくっておき、更なる上昇へと備えるべきではないでしょうか。

ドル円4H_1104

黒田プットという言葉も出てきているようですが、日銀からの豪華なお菓子をしっかりと味わうためにも、上昇に乗り遅れないようにポジションを構築しておきたいものです。

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」