ギリシャ議会 EUとの合意内容で法制化できるのか!?期限は水曜!!

【著者】

今週も荒れてますね!今週の出だしはユーロからでした。

徹底的に戻り売りを繰り返しております、ひろぴーです、こんにちわ!

週明け、EUの協議会でギリシャ協議に進展がなく、窓開けスタートしましたが夕方ごろ、合意と報道が流れてユーロは買われました。
ただしストップを消化しただけで、急速に戻しました。

ちょうど、夕方でしたので時間が空いたころ、ヒゲを見て打診売りを行いました。併せてオセアニアクロスも少々打診売り。
今週の出だしもなかなか好調なスタートです。

今週は、っといっても明日までですが、ギリシャ関連の報道でユーロ円ユーロドルが行って来い相場が繰り返されると思います。
レバレッジを心掛けながら、細かい利食いをしつつ、コアポジションだけは長く持とうと考えております。

では、今週はユーロ円分析を行っていきたいと思います。

ギリシャ相場に合わせて戻りの目途を決める。

Screenshot_2015-07-14-00-48-41

ユーロ円日足です。

綺麗なヘッドアンドショルダーを形成しにいこう、といったような形ですね。

ちょうど、具合の良い上髭を伸ばした日足が出現してくれました。137.80近辺には綺麗なレジスタンスが引けますので、もし何かしらで上値トライされたとしても、このあたりはレジスタンスとして強力に機能するでしょう。

よって、今週は138.00円をバックに戻り売りを模索したいと思います。

また200日線上髭トライで抜けて帰って行ったので、こちらもレジスタンスとして意識もされると思います。
RCI52も垂れてきましたし、RCI26はボトムに這いつくばっています。
この足型なら、次の日足が形成される頃にはRCI9も再びお辞儀をはじめるのではないでしょうか。

では4時間足分析を行っていきます。

未来のRCIの形状を簡単にイメージしてみる。

Screenshot_2015-07-14-00-49-20

強烈な上髭を残しての形状になっております。

ポイントは移動平均線75線を下抜けてきそうですので、ここを抜けてくると下落トレンドに戻る準備は整ってきます。ここを抜けると移動平均25線をタッチしにいく動きになりますので、ここをターゲットに考えることにしましょう。

よって、利食いは135円ちょっと手前ぐらいでしょうか。
レジスタンスも135.00円になりますのでちょうどよいターゲットですね。

ショートを入るタイミングごしては、136円台ミドルぐらいまで戻ったらぜひ打ち込みたいタイミングだと思います。

理由としては、一旦の戻りが形成されたあと、上値が重くなってくると、RCIの26線も徐々に垂れてきます。このタイミングとRCI9が下向きのタイミングを模索すれば、この4時間足がもう2~4本経過したあとぐらいの頃合いから勝負するとよいのではないでしょうか。

今週のギリシャ第三次支援についても水曜までに合意は不可能な気がしております。あまりにも時間がなさすぎです。
合意に至るとしても、かならず二転三転のネガティブ材料が出てきますので、その都度、売りを保有していると利が乗ってくると思われます。

138円の布石が打たれておりますので、合意報道を受けたとしてもここを抜けていく力はないと思っており、それまでに何度か戻り売りのチャンスが到来すると思っておりますので、このタイミングを図りながらトレードするとよさそうです。

最も、今週末まで引きずりそうですけどね・・・・。
RCIを活用してトレードするならYJFX!をお試しください。
[YJFX-ad_468.60]ブログはコチラ↓↓ 毎日更新中~♪
ひろぴーの読むFX

ひろぴー

ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン