資源国通貨売りと米ドル売り調整相場

【著者】

みなさん、お久しぶりです。ひろぴーです。
今月より、再びみんなの外為に記事を書くことになりました。
月に2~4本ほど、水曜日あたりに執筆していきますので、よろしくお願い致します。

さて、今週の月曜、火曜はビットコインとネムとイーサリアムを購入していました。
参考:みんなの仮想通貨ひろぴーコラム

現在のFXのポジションは、豪ドルとNZドルのショートのみです。
夏休みはトレンドが続ききることはありませんので、コツコツ利食いを入れていくスタンスにしています。

明日からは、レバレッジいつもの半分以下に落としてトレードを続けようと思います。
1週間ぐらいは、~1.0%ぐらいのリターンで良いかな、という気持ちで臨む予定です。

NZドルチャート

NZDUSD-cdDaily
FXトレードフィナンシャル・MT4チャート

さて、こちらはNZドルの日足です。
今週の最も狙っているのはNZドルです。狙うというか、消去法なのですが・・・。

昨日、NZ中銀がインフレレポートを発表し、2年先のインフレレポートを2.17%から2.09%と下方修正したとのことです。
(情報参考元:ザイFXトレード戦略指令 竹内さんのメルマガより

よって、NZドルが下落をしました。併せて資源国通貨が軟調です。

6月後半から7月にかけて、ロングでお世話になった資源国通貨ですが、今月は売り目線で攻めたいと考えております。

RCI26はダイバージェンスが発生し、+80%ライン以下で推移をしております。
DMA25も割り込んできておりますから、調整波突入でしょう。

ただし、移動平均線の並び順がそこまで綺麗ではなく、上昇は大きくしましたが、日足のテクニカル形状は良いとは言えません。
なので、調整波には一応なりますが、下落の勢いは限定的なではないかと考えております。

下落目線ですが、EMA62~EMA144の間ぐらいで止まったり、中途半端な調整押し目となるかもしれません。
※EMA=指数平滑移動平均線

唯一のポイントとしては、金曜日の米国のCPIです。

6~7月は円以外では、どのドルストレートもドル安トレンドが続きました。
よって、ドル安の恩恵を大きく受けている可能性もあり、今の米国経済ですと、すぐに改善されている可能性があります。

事前予想は+1.8%(前年比)となっておりますが、1.9やまさかの2.0%と出ますと、7月大きく上昇していたユーロドルやポンドドル、オジドル、NZドル、またはドルカナダなどが大きく調整するでしょう。

米ドルのショートカバーが薄いマーケットを抜けていきますので、100pipsぐらいは一気に進むかもしれません。
そこに勝機がないか考えております。

今晩はノーポジです。
ユーロドルも押し目買いをしたいところですが、4時間足ベースでもう1往復ローソク足がウェーブしてからエントリーを決めたいと思います。

1.17~1.1715は大きなサポートラインですが、下髭とか大きく割り込む可能性もあるような気がしてますので、今一度様子見です。

金曜日、上記のシナリオが完成するならば1.16ぐらいまでは下落するのではないでしょうか。

そこから、ようやく拾いたいかなと思います。
明日は豪ドルとNZドルをまた短期的にショートするかもしれません。

ひろぴー公式ブログ!毎日更新しています↓↓
ひろぴーの読むFX

また、外為オンラインで月曜日にレポートを執筆しています。
ぜひアカウントを開設をして読んでみてください↓↓

ひろぴー

脱サラに成功した専業トレーダー ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン