FX注文方法 – 成行・指値・逆指値 –

・FXには様々な注文方法がある
・事前に注文を入れておけば、画面に張り付いていなくとも取引が可能

FX取引の二歩目として覚えたいのが注文方法です。FX取引という行為すべては注文から始まりますので、聞きなれない言葉もあるかもしれませんが、しっかりマスターしましょう。

成行注文

注文方法の基本の一つ、【成行】(なりゆき)について見てみたいと思いますが、成行注文は、「今買いたい!」「今すぐ売りたい!」という時に使える注文方法です。ストリーミング注文とも呼ばれていますが、レートを指定せずに「買い」か「売り」だけを指定して出す注文となります。

成行

指値注文

次に【指値】(さしね)注文を見てみましょう。指値注文は、値を指す注文、つまりレートを指定する注文方法のことです。買いまたは売りのどちらでも同じですが、「○○円で買います!」というのが指値注文となります。
分かりやすいように例を一つ挙げてみましょう。USD/ JPY通貨が1ドル100円の時に成行注文で買い。その後レートが円安になるのを見込んで、「102円で売る」という注文を出します。この「102円で売る」というのが指値注文となります。

指値

しかし、為替相場が自分の思うように動くとは限りません。101円70銭までは順調に円安へ動いたのですが、その後レートは逆戻り。レートは少しずつ円高方向に動いているようです。そこで、最低限の利益を確保できるように、「レートが101円に戻った時点で売り」という注文を出したとします。この注文を【逆指値】注文と言います。

指値注文は今のレートより有利なレート(ドル円を買いたい場合、現状よりも安い値段)での注文ですが、逆指値注文は「今のレートより不利なレート(ドル円を買いたい場合、現状のレートよりも高い値段)での指値注文」のことなのです。指値注文と逆指値注文の違いをしっかり頭に入れておいて下さいね。

逆指値

また、指値・逆指値注文をしたからといって、指定レートで必ず約定するとは限りません。それにはFX各社のシステムやサーバーの性能が関係しているのですが、簡単に言うとFX会社によって約定力が違います。ですから、100.120円で指値注文しても100.110円で約定することもあるんです。この注文価格と約定価格の差を「スリッページ」と言います。

FX各社約定力が違う点、どのFX会社でもスリッページは起こり得ること、覚えておいて下さい。

FX注文方法 – OCO/IFD編 –
FX注文方法を理解する – OCOIFD編 –