利益がでる仕組み

・値幅で利益を出す「為替差益」
・低金利通貨を売り、高金利の通貨を買うことで得られる「金利収入」

FXの利益の出し方は2通りあります。それは、「為替差益」と「金利収入」の2通りです。

為替差益

1万通貨の取引で、1円の値幅を取った時の利益は1万円です。こういった値動きによって得る利益を「為替差益」といいます。
100円の時に1万通貨買って、101円の時に売れば利益1万円。まt、FXでは売りからでも入ることができるので、先に100円で売って、99円で買い戻して値幅を1円取っても利益1万円になります。

ちなみに、アベノミクス相場ではドル円は1年間で20円ほどの上昇がありました。11月半ばにドル円を80円で購入して、5月に100円で売却するとどのくらいのパフォーマンスなのか計算してみましょう。
ドル円が80円の時に1万ドルの購入に必要な金額は3万2千円。それが5月には100円になっていましたので、利益額は20万円になります。

100円ー80円=20円(為替差益)

3万2千円が、たった5ヶ月で23万2千円にまで増えたことになります。パフォーマンスはなんと625%です!!なかなか凄い金額ですよね。

20円

金利収入

もう一つの儲け方は、「スワップポイント」と呼ばれる金利収入で利益を出すという方法になります。
金利の異なる2つの通貨を売買する場合、2つの国の金利差が発生するのですが、この金利差を日割りしたものを利益として毎日受け取れます。
この利益のことを「スワップポイント」と呼ぶのです。

FX-2

日本でも銀行にお金を預けると、少額ですが利息が付きます。1万円を預けて数円にしかならないという悲しい状況ですが、世界各国の金利は日本より高いところがほとんどです。

外貨預金をしている人も多いオーストラリアは高金利通貨として有名で、2014年7月現在で2.5%ありますし、お隣のニュージーランドでは3.5%もあります。南アフリカに目を向けると5.75%もありますし、トルコにいたっては8.25%にもなります。(2014年3月には10%でした)

オーストラリアドル円やニュージーランドドル円を1万通貨購入すると、毎日70円程度のスワップポイントがもらえます。
つまり、10日間保有すれば為替差益を除くと、金利収入は700円ほどということになります。1年で換算すると、25,550円になります。

レバレッジとは