為替ってなんだろう?

【著者】

□■===============================□■
FXやるならFX会社比較
*比較項目200以上証券会社比較
□■===========FXならみんなの外為==□■

為替はみんな使っている!?

みなさん、「為替」を利用したことありますか?
外国に旅行された方は日本円をドルに換金する際に使ったことがあるでしょうが、
海外旅行のご経験者以外は「無い」と回答される方がほとんどだと思います。
しかし実は為替というのは国内でも頻繁に使われています。

為替とは現金以外の方法で債券・債務などを決済する方法の総称で銀行振込などもこれに当ります。
コンビニのATMでお金を下ろすことなど知らない間に「為替」を利用しているのです。

でも、一般的には海外旅行で通貨を交換するときに使うことを言いますよね?
「外国為替」と言われているものです。2国の間の別通貨を交換することを外国為替と言います。(広義にはもっと広い言い方をしたりしますが)
外国為替には必ず外国為替相場と言う交換比率があり、
その比率(為替レート)は日々変動していくことが普通です。

【コーヒーブレイク】日本の為替レートはここから始まった

カブ様全身博士バージョン我が国の為替レートは戦後の1945年から1973年までは、1ドル360円の固定変動制を導入していたのじゃがニクソンショックの影響で「変動相場制」に変更した。
以後、日々変動する為替レートを元に円を他の外国通貨と交換して来たのじゃよ。

カブラ顔困った
1ドル=360円ってどうやって決めたの?
別にその当時なら1ドル=500円でも良かったんじゃない?

カブ様全身夏祭りホホ、確かにのぅ。
しかし実はこれには理由があるのじゃ。
ニクソンショック以前のブレトンウッズ体制では「金1オンス(約31グラム)=35ドル」の固定レートで取引をされており、それを円に換金すると360円になっていたのじゃ。

 

米ドル/円のレート

下図は1965年から2011年までの米ドル/円のチャートです。
image009

 

長期では円高・ドル安になっているのがわかります。他の通貨でも長期では概ね円高になっています。
「なぜ円高になっているの?」と疑問がある方も多いと思います。これにはいくつかの理由がありますが、説明するととても長くなるので別に機会に説明します。

さて、このように外国為替相場はそのときそのときの相場環境により各通貨のレートがリアルタイムで変動していきます。
その外国為替相場を利用した投資商品がForeign eXchange(外国為替の意味)、つまりFXです。
FXで仮に1965年に米ドル/円を1万ドル分売っていた場合、250万以上儲かっていた事になります。
※スワップを加味していませんし、そもそも当時はFXなんてありませんでしたので半分冗談ですがね。

このサイトはFXを始めようと思う方々を応援するため、FXに関わる色々な情報をお伝えするサイトにしていきます。

通貨と言うのは古来から人類の発展に大きく寄与して来ました。為替はその通貨を簡単に行うための取引手法でこれからの国際社会の発展には重要なものです。日本も今後国際化が益々進む可能性もありますのでFXを通して外国為替を学んで見ては如何でしょう!?

【みんかぶオススメFX会社から口座を開設する場合は↓】
※各社口座開設ページリンク※
「外為オンライン」口座開設ページはこちら
「Lion FX」口座開設ページはこちら
「みんなのFX」口座開設ページはこちら
「GMOクリック証券」口座開設はこちら

★FX会社比較ページ★
https://fx.minkabu.jp/hikaku/


みんなの外為スタッフ

みんなの外為はFXの無料情報サイトです ドル円など主要6通貨の「リアルタイムチャート」、過去の結果と今後の発表が一目で分かる「経済指標一覧」、今後の変動予想に役立つ「FXコラム」、「初心者入門コンテンツ」、最新の「FX比較」など、勝つ為のFX情報が詰まっています!