ISM非製造業景況指数に注目

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/08/05

昨日は大きな材料がない中、雇用統計の余波が残り対ポンド、対オセアニア通貨などを中心にドル売りがジワリと進む展開となりました。円、ユーロに関しては方向感の薄い状態が続き、ドル円は102円中盤での膠着状態、ユーロドルは1.34前半での小動きに留まっています。
また、上値の重い推移が続いた株式市場は反発に転じたものの米国債利回りは依然として低水準での推移が続いています。

スクリーンショット-2014-08-05-9.20.22

【主要通貨ペアの推移】

ドル円は狭いレンジ内での推移に留まり下げ止まり感があるものの上値も重い状態となっています。ここで踏みとどまり再び103円台へのトライへ向かう可能性も十分に考えられると思われます。103.00をしっかりと上抜けると本格的に上昇トレンド突入というシナリオも考えられます。逆に下値を切り下げる動きとなると年初から続く鈍い動きとなる可能性が高く、またしばらく方向感のない推移が続くことが予想されます。
本日はまず昨日の安値である102.40付近を守りきることができるかどうかに注目したいところです。しっかりとこの水準を守りきり、昨日のアジア時間の高値である102.73付近をしっかりと上抜けることが出来れば再度103円へのトライへ向かうことが想定されます。

スクリーンショット-2014-08-05-9.11.16

ユーロドルは1.34前半での小動きとなっています。対ポンドなどでの上値の重さが目立ち対ドルで反発したポンドやオセアニア通貨に出遅れる状態となっています。上値の目処としては直近の強いサポートとして活躍した1.35が強く意識され1.35を回復できるかどうかに注目が集まりますが、その前に失速というシナリオも十分に考えられる動きとなっています。本日は昨日のサポートである1.341を守れるかどうかにまずは注目したいところです。割り込むと時間足チャートではダブルトップのネックライン割れのような形となることから下落圧力が加速する可能性が高まります。割り込んだ後は節目の1.34、雇用統計前のサポートである1.338などが意識されると思われます。

スクリーンショット-2014-08-05-9.13.07

ユーロ円はドル中心の動きから方向感の薄い推移が続いています。138円台回復は失敗に終わったものの底もそれなりに堅いという状態が続いています。しっかりと138円台を回復できるとゆったりとした下降トレンドからの脱出も視野に入り、方向感が見出せることから138.00を上抜けることができるかどうかに注目したいところです。

スクリーンショット-2014-08-05-9.50.24

ポンドドルは1.681付近で踏みとどまり反発に転じています。今後はこの1.681ライン、または切りのよい1.68がサポートとして強く意識されると思われます。本日はまず1.69台を回復できるかどうかに注目したいところです。1.69を上抜けたところでは5月に幾度か上値を抑えられていることからその付近で一度上値の重さが出てくるかもしれません。

スクリーンショット-2014-08-05-9.14.23

豪ドルは米国時間に上値を切り上げ直近のサポートとして活躍していた0.933を上抜ける動きとなりました。本日は貿易収支、RBA政策金利の発表、中国のHSBCサービス業PMIなどイベントが多いことから結果次第で大きく揺さぶられる展開となることが予想されますが、再び下値を探る動きとなるようだと0.92が意識され割り込むと下方向への強い圧力が加わり大崩れとなる可能性が浮上してきます。

スクリーンショット-2014-08-05-9.14.46

【本日の注目材料】

本日はアジア時間にRBA政策金利の発表が予定されています。政策金利は据え置き濃厚のため市場の注目は声明文に集まり、先日の強い消費者物価指数に関してや豪ドル高に関してのコメントに一喜一憂する相場となりそうです。

欧州時間はサービス業PMIの確報値、ユーロ圏の小売売上の発表が続きますが、PMIは速報値からの大きな修正が入らない限り相場への影響は限定的になると思われます。また英国ではサービス業PMIが発表され、対ドル、対ユーロでのインパクトが大きいものになると予想されます。
米国時間はISM非製造業景況指数に注目が集まります。市場予想は前回よりも若干の上昇で56.5となっています。製造業に続きしっかりと強い数字が出れば、悲観するほど弱くなかった雇用統計も再評価へとつながり、米国利上げ前倒し観測を後押する材料になると考えられます。

【本日の予定】

10:30 豪6月貿易収支
10:45 中国7月HSBCサービス業PMI
12:45 日10年国債入札
13:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表
16:50 仏7月サービス業PMI(確報値)
16:55 独7月サービス業PMI(確報値)
17:00 ユーロ圏7月総合PMI(確報値)
17:00 ユーロ圏7月サービス業PMI(確報値)
17:30 英7月サービス業PMI
18:00 ユーロ圏6月小売売上高
22:45 米7月マークイット総合PMI(確報値)
22:45 米7月マークイットサービス業PMI(確報値)
23:00 米7月ISM非製造業景況指数
23:00 米6月製造業受注指数
23:00 米8月IBD/TIPP景気楽観度指数

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様 デモトレ大会6回戦
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

【闘魂注入】シュラスコ佐藤の大胆予想! 佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト