かんぽ生命が株式投資

かんぽ生命が株式購入を始めた。2010年3月末の国内株式保有残高は約860億円だったが、2014年9月末時点では約5500億円に増えたという。2014年3月末時点の運用資産は国内生保で最大の約87兆円。現時点での株式保有残高は運用資産全体の1%にも満たないが、日本生命保険など民間大手並みの13%程度にまで国内株式に振り向ければ10兆円を超える規模の投資余地が生まれる。

かんぽ生命

かんぽが株式投資を増やすのは、国営だった時代に株価を買い支えた「PKO」以来と言われる。今回は総資産の減少や収益減のなか、国債利回りの低下で公社債での運用が難しくなったためだと思われる。

かんぽ生命1

もっとも、国内債の低利回りは今に始まったことではないが、GPIFが債券中心の運用から、本格的な分散投資に移行し、収益を上げ始めたことが大きいと思う。また、量的緩和により日銀は国債を大量に買い続けており、国債の供給先として、GPIFや銀行に次ぎ、かんぽ生命がでてくるのは予測できた。

かんぽ生命の参加で、日本株市場に、いよいよ役者が出揃ってきた。日本株をずっと大量に売り越している日本の個人投資家にも、時代の変化を読み取って貰いたいものだ。

【みんかぶマガジン】矢口氏のコラム
最新記事:16/12/5「イタリア国民投票の焦点

こちらもおすすめ

FX会社ランキング
毎月更新!みんかぶFXのスタッフがFX会社を徹底比較!100以上の項目を独自に比較してランキング!これを見たら自分にぴったりのFX会社が見つかるかも!?

FXスマホ比較
進化を続けるFXのスマホ取引、こだわりのチャート機能、1分1秒を争うための発注機能などを調査しました。

スプレッド一覧はこちら
各社激戦のスプレッド戦争。各社のスプレッド一覧で取引したい通貨が一番特に取引できる会社をチェック!

矢口 新

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。