日米首脳会談、TPP交渉は協議継続

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/24

円買いで反応

昨日の海外時間には、米長期金利が低下して円買いが強まる場面もありましたが、NYダウが下げ幅を縮小したことから円が売り戻されました。

欧州時間序盤、発表された仏・4月製造業/サービス業PMIが予想を下回ったことからそれまで買われていたユーロが売られ、ユーロドルは1.3800付近まで、ユーロ円は141.40円台まで下落しました。しかしその後発表されたドイツ、ユーロ圏の4月製造業/サービス業PMIが予想を上回ったことからユーロ買いが優勢となって、ユーロドルは1.3850台まで、ユーロ円は141.90円台まで上昇しました。この間ドル円は102.50円付近の小幅な値動きが続きました。

その後特段の材料はありませんでしたが、米長期金利が低下し日経平均先物が下落すると円買いが優勢となって、ドル円は102.10円台まで、ユーロ円は141.30円台まで下落し、ユーロドルも1.3830台まで小緩みました。

NY時間にはいると、米長期金利が下げ幅を縮めたこともあってドル円は102.30円台まで、ユーロ円は141.60円付近まで反発し、ユーロドルは1.3820台まで反落しました。その後発表された米・3月新築住宅販売件数が予想をした回ったことから米長期金利が低下しドル売りが強まって、ドル円は102.20円台まで下落し、ユーロドルは1.3840台まで反発しました。しかし欧州市場引けにかけて欧州株が下落したことからユーロドルは1.3810台まで、ユーロ円は141.10円台まで下落しました。

NY時間午後にはいると米長期金利が反落し、NYダウが下げ幅を縮めたことから円が売り戻され、ドル円は102.50円台まで、ユーロ円は141.60円台まで上昇しました。

東京時間昼すぎ、日米首脳会談が終わり、TPP交渉に進展がなかったことが明らかになると、日経平均が下落し、円買いが強まって、ドル円は102.20円台まで、ユーロ円は141.30円台まで下落しました。

今日の海外時間には、独・4月IFO景況指数、米・3月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数の発表と、ドラギ・ECB総裁、コンスタンシオ・ECB副総裁の講演が予定されています。

TPPが本質的に経済に与える影響は非常に長期的なものであることから、現在の金融市場に与える影響は限定的なものと考えられます。しかし、TPP交渉がアベノミクスにおける規制緩和、構造改革の象徴とも見られることから、交渉の先延ばしはアベノミクスに対する期待を後退させ、株安、円高につながったと考えられます。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ

高野やすのり|FXプライムbyGMO

プライスはすべてを織込む!チャートで世界を見通せ 高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト