マーケット

ユーロショート勢は悩み所

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/05/29

昨晩の概況

おはようございます。
101.80で跳ね返してNY参入前に101.98まで戻したドル円でしたが(NY市場の高値も101.97タッチ)その後、欧州債が買われていた地合いから米長期債も大きく買われ(それまでにあったイエレン発言で出来た債券ショートポジションの損切り)、米長期金利が急低下したことでドル円は9時半過ぎから急落。利回りは2.5%を割り込んで、一時2.433%まで下落しドル円は101.64まで急落しました。しかし101.50は割れず、そのままじわじわとショートカバーして午前4時過ぎには101.89まで戻して101.84でNYはクローズ。
ユーロドルはアジアの1.3638を高値に下値トライとなって1.3616、1.3605と神経質に揉み合いとなりましたが、ドイツの失業者数が市場予想比増加しECBが6月5日に金融緩和するとの思惑で1.3600を割り込んで1.3590まで下落。戻りも1.36台が重たくなって引け際に1.3587安値を付けて1.3591でクローズ。
ユーロドルの下落に引きずられたユーロ円は138.85-90が重たくなってNY参入以降、急落したドル円の動きに連動して138.70から138.31まで下落。138.46まで戻した後安値138.30まで午前2時にタッチ。その後戻しても138.50が重たく、138.38で引けています。

ドル円のチャートからは上値の重たさが伝わりユーロドルは更に上値が垂れてくる展開で1.3545-50を狙うような戻り売りが1.36台どこで出てくるか?当然138.55-60から138.85-90のユーロ円は重たくなるというイメージでしょうか?
ドル円は101.50にかけてまだビッドがあって下げも緩やかなのかもしれませんが、レンジだと
しても今日は一発目は引き付けて売りから入りたい印象です。本日もよろしくお願いいたします。

ユーロドルショートをECB前にショートカバーするのか、実際に金融緩和が出てから材料出尽くしで買われるのか、想定以上に踏み込んで金融緩和し市場がびっくりしさらに売られるのか(この可能性は個人的には低いと思いますが)市場のユーロショート勢は悩み所ですね。

ドル円・クロス円・ユーロドルともに全て売りから

<ドル円 売り>
ドル円は上値が重たく戻り売りで。101.870で売りから。ストップは102.170に置きながら、101.600、101.500で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 101.500(101.600)–(101.850)102.000 
作成時 101.734-738 9:38AM

<ユーロドル 売り>
ユーロドルは1.36170、1.36270で売りから。ストップは1.36500に置きながら、1.35750、1.35550で利食い買い戻しを行うような回転を考えました。
レンジ 1.35550(1.35750)–(1.36170)1.36300 
作成時 1.35982-989 9:45AM

<ユーロ円 売り>
ユーロ円は138.650、138.750で売りから参入する方針。ストップは139.050に置きながら、138.100、138.000で買い戻しをかけるような回転をイメージしました。
レンジ 138.000(138.100)–(138.650)138.800 
作成時 138.347-356 9:52AM

<ポンド 売り>
ポンド円は170.450、170.550で売りから。ストップは170.670に置きながら、169.850、169.700で買い戻しを図るような売り回転をイメージしました。
レンジ 169.700(169.850)–(170.450)170.550 
作成時 170.116-130 10:23AM

対ドルは1.67450、1.67550で売りから参入する方針。ストップは1.67800に置きながら、1.66700、1.66500で買い戻しをかけるような回転をイメージします。
レンジ 1.66500(1.66700)–(1.67450)1.67550 
作成時 1.67156-169 10:10AM

<豪ドル 売り>
豪ドル円は94.150、94.250で売りから。ストップは94.500に置きながら、93.700、93.550で買い戻す回転をイメージしました。
レンジ 93.550(93.700)–(94.150)94.300 
作成時 93.870-882 10:29AM

対ドルは0.92450、0.92550で売りから参入する方針。ストップは0.92800に置きながら、0.92050、0.91850で買い戻すような回転をイメージしました。
レンジ 0.91850(0.92050)–(0.92450)0.92600 
作成時 0.92297-310 10:12AM

<ニュージードル 売り>
ニュージー円は86.650、86.750で売りから。ストップは86.950に置きながら、86.150、86.000で買い戻しをかける回転をイメージしました。
レンジ 86.000(86.150)–(86.650)86.750 
作成時 83.210-225 10:35AM

対ドルは0.85150、0.85250で売りから。ストップは0.85450に置きながら、0.84700、0.84500で買い戻しを考える回転をイメージします。
レンジ 0.84500(0.84700)–(0.85150)0.85350 
作成時 0.84854-872 10:13AM

新規口座開設はこちら
小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役