公的年金、国内株式の保有上限を撤廃

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/08/11

先週金曜日の概況

おはようございます。台風が通過した地域の方、被害はいかがだったでしょうか?今週もよろしくお願いいたします。

お盆の週がスタートしましたね。基本的には実需のメーカーさんが連休に入りアジア時間は市場が閑散とする状態となりますが、今年はどうでしょうか?先週金曜日はとにかく午前10時半のオバマ大統領のイラク空爆承認から日経平均暴落、地政学的リスク回避のための米債購入・利回り低下からドル円は朝9時過ぎの高値102.14から101.51まで下落。
101.50には大口の買いが控えていたようで、その手前でびったり止まり小幅巻き戻し。当然インターバンクは戻り売りを狙い101.65-70や、101.80-75で何回となく戻り売りを敢行、しかし下がりきらず、101.85越えで損切りの買戻しが炸裂、NYスタート後に102.07までタッチする動きとなりました。もともと『102.38から101.51までの-0.87下落の61.8%戻し102.05、90日移動平均線101.971、日足雲101.920~101.883、21日線101.896なので101.90~102.05が妥当?』と金曜日にツイートしたように充分引き付けて戻り売りイメージでしたし、101.75越えからショート勢が撤退する可能性が高いと考えていたので違和感は全くありませんでした。102.07で上昇も止まり再度ドル売りとなっていました。イメージはもう一回101.50割れをトライすると考えていましたし、実際に米軍機がイラク北部で空爆を行ったというニュースから円高に振れて101.71まで午後11時半ぐらいに下落していましたが、その後ロシア国防省がウクライナ周辺地域での演習終了を発表。
ウクライナ侵入を懸念していた状況から緊張緩和となったことで、安全資産に流れていた資金の動きが巻き戻されることとなりました。買われていた米10年債が売り戻されて利回りは下げた分を取り戻し、最終的には2.43%レベルまで急騰、アジア時間の2.35%割れからは爆上げして2.420%で終了(価格は急落)するなどちょっとイメージした動きとは違ったNY引けとなりました。ドル円の戻り高値は102.08までタッチして日通し高値を更新、102.04で越週しています。

ロシアのプーチン大統領としては、ロシア国内で西側諸国に対する弱腰姿勢を見せることはできないものの、何とか西側との緊張緩和を模索する動きが出てきてもおかしくはなく、世界の中でロシアが孤立する方向は避けなくてはならない認識を持ちつつロシアの対面は保つ難しい舵取りを行っていく必要に迫られていると考えています。そのため水面下で現状を改善、緊張が緩和される動きが今週以降出てくるという思惑もあるとの話が聞こえています。当然どう転ぶか判らない話ばかりなので、なんともいえませんが、イラク空爆が日経平均株価下落の引き金になったことだけは間違いなく、世界の株価の中で日本だけをピンポイント直撃したことだけは事実。今日は当然日経平均はCME先物が15010で引けていることもあって大きく巻き戻します。日経新聞の「公的年金、国内株式の保有上限を撤廃・・・」株価急落を目にした当局のなりふり構わぬPKOで株価は戻りますが、ドル円がどこまで上値追い出来るのか注目です。
上限撤廃!?何でもありだなぁ。年金、大丈夫なのか?

確かに下値は101.50がサポート、抜けても101.20レベルはサポートですが、万が一101円を割り込むような場面では今度こそ100.75割れに注意すべきと考えています。目先は101.50-102.50でレンジでしょうか?本日は日経平均が先週末比 急騰するのでドル円は小じっかリ。
米債利回りも急落するようなリスクオフは想定されず、株価は政府のPKO対策に支えられて危機脱出といったところでしょうか?アジア時間は今週流動性が乏しいのでご注意を。
よろしくお願いいたします。

ドル円・ユーロ円・オセアニア円は買い ユーロドル・ポンド円は売り先行で

<ドル円 買い>
ドル円は101.970、101.850で買いから。ストップは101.650に置きながら、102.250、102.350で利食いするような回転をイメージしています。
レンジ 101.800〈101.950〉–102.250〈102.350〉 
作成時 102.117-121 9:40AM 

<ユーロドル 売り>
ユーロドルは1.34250、1.34350で売りから。ストップは1.34600に置きながら、1.33850、1.33750で利食いするような回転をイメージしています。
レンジ 1.33750(1.33850)–(1.34250)1.34350 
作成時 1.34042-049 9:51AM

<ユーロ円 買い>
ユーロ円は136.650、136.550で買いから。ストップは136.350に置きながら、137.050、137.150で利食いする買い先行の回転をイメージしました。
レンジ 136.500(136.650)–(137.050)137.150 
作成時 136.880-889 10:05AM

<ポンド 売り>
ポンド円は171.550、171.650で売りから。ストップは171.880に置きながら、171.250、171.150で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 171.150(171.250)–(171.550)171.700 
作成時 171.335-349 10:15AM

対ドルは1.67900、1.68020で売りから。ストップは1.68210に置き、1.67550以下、1.67400で利食いするショート振りをイメージしました。
レンジ 1.67400(1.67550)–(1.67900)1.68050 
作成時 1.67779-792 10:18AM

<豪ドル 買い>
豪ドル円は94.450、94.350で買いから。ストップは94.150に置きながら、94.900、95.000で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 94.300(94.450)–(94.900)95.000 
作成時 94.727-736 10:41AM

対ドルはイメージが湧かず様子見します。0.92600–0.92900がコアレンジで、0.92400~0.93000だと思うのですが、上がって下がるのか、下がって上がるのか、動かないのか、イメージが湧いて来ず、様子見します。
レンジ 0.92400(0.92600)–(0.92900)0.93000 
作成時 0.92766-778 10:23AM

<ニュージードル 買い>
ニュージー円は86.180、86.080で買いから。ストップは85.800に置きながら、86.550、86.650で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 86.000(86.150)–(86.550)86.650 
作成時 86.425-440 10:48AM

対ドルは0.84900、0.85000で売りから。ストップは0.85300に置きながら、0.84500以下、0.84300で利食いする回転をイメージしました。
レンジ 0.84300(0.84500)–(0.84900)0.85000 
作成時 0.84657-674 10:32AM

新規口座開設はこちら
デモトレ大会6回戦

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう! 小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役