マーケット

日米共同声明

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/25

海外勢の期待は継続するか?

今日、日米共同声明が発表されました。

・尖閣は日米安保条約の適用対象
・TPP合意に向け大胆な措置を講じる決意
・日米間の通商問題、解決に向けた道筋はすでに明確
・東シナ海における中国の防空識別圏設定に強い懸念を共有
・米国、日本の集団自衛権行使検討を支持
・日米はTPP全体の交渉に弾みをつける
・日米、力の行使による領土の主張に反対
・日米、中国との生産的な関係構築への関心を再確認

(報道より)

TPPに関して合意できていなかったことから1日共同声明の発表を遅らせましたが、結局進展はなく「大胆な措置を講じる決意」という良くわからない表現になっています。

これに関して、アメリカ側の要求に屈しなかった、という見方もあるのですが、反対から見れば日本側の既得権益層を説得できていなかった、とも見ることができます。

真意はわかりませんが、麻生財務相が「国内でオバマ大統領が全部まとめきれるほどの力はないだろう」と述べた、と報じられていますが、日本側も同じなのではないでしょうか。

昨日もご紹介しましたように、海外投資家は、安倍首相に強いリーダーシップを期待していて「岩盤規制を破る為の『ドリルの刃』になる」という言葉を信じて株買い、円売りをリードしてきています。

その言葉と行動に陰りが見えた、と判断されれば、これまでの中長期的な見通しにも変化が出てくるかもしれません。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ

高野やすのり|FXプライムbyGMO

高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト