川島(かわしま)流「FXはここがスゴい」:レバレッジ編

【著者】

┏*☆*━━━━━━━━━━━━━━━━*☆*┓
・FX業界話題のFX口座比較
・比較項目200以上ネット証券ランキング
┗*☆*━━━━━FXならみんなの外為━*☆*┛

★スプレッド編はこちら★→「FXはここがスゴい」:スプレッド編
★雇用統計編はこちら★→FX重要キーワード:米雇用統計編

テレビ東京「L4YOU!プラス」記念(第二弾)

みんかぶの”為替王子”川島がテレビ東京「L4YOU!プラス」出演記念の第二弾は「FXは怖い」と言われている原因のレバレッジについてご説明致します。レバレッジはそもそもFXを利用しやすくするためのサービスですので、使い方やリスクをちゃんと理解して使いましょう。

FXのメリットその2:レバレッジ

レバレッジは「てこの原理」の意味です。わかりやすい様にイメージ図を作ってみました。
 
■1.レバレッジが無い場合

上図では1万ドル(100万円分)と豚の貯金箱(4万円分)を比較しています。当然、4万円と100万円なので釣合いません。4万円で100万円の商品が買えないのと一緒です。でも、この図のある1つの箇所を変えると不思議と釣り合う様になります。
 
■2.レバレッジがある場合

こちらがレバレッジを使った例です。先ほどの図と比べてどこが変わったかわかりますか?絵心無くてわかりにくいですかね(笑)
 
変わったのは赤い棒の長さです。先ほどは1メートルだったものが25メートルにしたことになります。長さを25倍にしたのです。これがレバレッジと言われるもので4万円にレバレッジを25倍かけると100万円のものが買えるようになります。
 
本来、100万円する1万ドルを4万円で買えると考えるととてもお得ですよね。でも、実際には足りない96万円分は借りているのです。つまりレバレッジ25倍で取引可能と言うことは「4万円を担保として100万円分の通貨を取引することができる」と言う意味です。
 
FX会社では担保とするお金(ここでは4万円)のことを「証拠金」や「必要証拠金」と呼びます。これは担保なわけですから1万ドルを買った後は売るまで(決済するまで)は4万円を引き出すことはできません。
 
また4万円は保証金として預け入れることになりますので、FXを運用する場合は口座のなかにそれ以外のお金を入れておかなくてはいけません。その辺りは次に説明します。

「レバレッジはリスクが高い」の真の意味

冒頭「FXは怖い」と言われている理由はレバレッジにあるとお伝えしました。先ほどはレバレッジは少ない証拠金で大きな通貨を買える事と説明しました。では、一体何が怖いと言われているのか?ここではレバレッジと言う名前に隠れた真の「怖いもの」についてをあぶり出してみたいと思います。
 
下に「1万ドル(100万円分)を外貨預金している場合とFXで口座に100万円を口座に入金してレバレッジ25倍をかけて1万ドル(100万円分)を取引している場合とで比較してみたいと思います。

こちら外貨預金の例です。購入(預金)当初が1ドル=100円だった場合、100万円で1万ドルとなりますね。最初用意した100万円をそのまま全てドルに換金した後で預金しますので全てのお金を口座に入れておく必要があります。
 
その後、為替の変動で1ドル=90円になった場合、1万ドルは変わりませんが円換算では外貨預金は90万円分の価値となります。
 
では、次にFX取引の場合を見てみましょう。
 
 

国内のFX会社で取引する場合はまずFX用の専用口座に入金を行います。その中からレバレッジを使ったりして通貨を買ったり売ったりするのです。レバレッジ25倍で取引する際は証拠金は4万円で行うことが出来ますので、先ほどの外貨預金と比べて証拠金は4万円で済みます。
 
残り96万円はおろしたり、別の通貨を買う事ができるなど別の用途で使えるます。レバレッジのメリットはこのように資金効率が上がると言う点です。
 
但し先ほどの外貨預金の例のように為替変動で1ドル=90円になった場合は評価損失分(為替変動で損した円)は証拠金の4万円からではなく、FX口座に入れているお金から差し引かれるようになります。そして大抵のFX会社ではFX口座にお金が無くなった場合は強制的にその取引を決済させられるのです。
 
このようにレバレッジは資金効率の観点からとてもメリットがありますが、単純に4万円で100万円を買えるわけでは無りませんので、ある程度のお金をFX口座に入金して取引しないといけません。
 
FXでレバレッジを使う上で一番大切なことは資金管理をちゃんと行うことなのです。ただしちゃんと資金管理が出来ていれば決してレバレッジは怖いものでは無く、大変便利なものなのです。
 
では、なぜ「FXは怖い」「レバレッジは怖い」と言われているのでしょうか?
先ほどの資金効率の話を思い出してください。
 
100万円をFX口座に入れて4万円で100万円分の通貨をした後、ふと思うわけです。「残り96万円もあるんだし、口座に寝かせておくよりも有効活用しちゃおう」と。資金効率が高いレバレッジだからこそ考えれることです。そして次の取引を始めるのです。
 
100万円を有効活用して取引を行うことは決して悪くはありません。それもレバレッジの良さです。
でも、人間の欲とは怖いものでレバレッジ25倍でしたら4万円で100万円分買えるのです。とすると、100万円を全てレバレッジを使ったら2,500万円分買えるのです。
これで1ドル=100円の状況でドルを買ったらなんと25万ドルも買えちゃうのです。100万円で25万ドルも買えるのです。
これが仮に1ドル=110円になったら250万も儲かっちゃいます。スゴい夢がありますね!
 
ここで夢を見た方が後で失敗して「FXは怖い」「レバレッジは怖い」と言う方なのです。
先ほどの250万円の儲かると言う話は逆動いた場合の損失額のことです。つまり1ドル=90円になった場合の損失です。
 
この段落の最初にお話した『隠れた真の「怖いもの」』とはレバレッジを使って実現できるようになった「夢」であり「人の欲」です。
決してレバレッジが怖いものでは無いのです。
いつの世も投資の世界は「人間の欲」が最大の敵なのは変わらないのかも知れませんね。

 

最後にレバレッジを上手く使うには?

レバレッジは資金管理さえしっかりすれば大変資金効率が高い良いサービスであるのは間違いありません。使い方を間違えなければ良いのです。
ただし正常な心理状態ではやらないような「欲」や「焦り」が出てしまう時があります。往々にしてそんな時にレバレッジを使ってFXで取引してしまい大きな損をしてしまうのです。
 
レバレッジを使うには「資金管理」「自己管理」が一番大切です。
そのためには自分なりのルールを事前に考えておき「なぜこの場面で買ったのか」「なぜこの場面で売ったのか」を明確にしておかなくては行けません。ルールが無かったり、守れない場合にFXの『隠れた真の「怖いもの」』が襲い掛かってくる可能性が高いのです。
「自分ルールを守る」を徹底することがFXライフを楽しむことに繋がるのでしょうね。

 
★スプレッド編はこちら★→「FXはここがスゴい」:スプレッド編

【みんかぶオススメFX会社から口座を開設する場合は↓】
※各社口座開設ページリンク※
「外為オンライン」口座開設ページはこちら
「Lion FX」口座開設ページはこちら
「みんなのFX」口座開設ページはこちら
「GMOクリック証券」口座開設はこちら

★FX会社比較ページ★
https://fx.minkabu.jp/hikaku/


みんなの外為スタッフ

みんなの外為はFXの無料情報サイトです ドル円など主要6通貨の「リアルタイムチャート」、過去の結果と今後の発表が一目で分かる「経済指標一覧」、今後の変動予想に役立つ「FXコラム」、「初心者入門コンテンツ」、最新の「FX比較」など、勝つ為のFX情報が詰まっています!