ドル/円=125円の黒田ラインは通過点?!

【著者】

12月の利上げに向けドルはこじっかり。その一方で、ドルインデックスが3月以来の100に接近している(11/17終値99.7)ことからドル/円は123円台ミドルから上は重くなっています。12月の利上げ後については「予想で買われ、結果で売られる」パターンになるのでは?との声も多く、黒田ラインとされる125円が意識されていることも上攻めしにくい状況です。

ドル/円年内の上値は128円も?

下記のチャートをご覧ください。10/1のレートを100として年末までの推移を指数化したものです。過去3年、年末にかけて上昇しており、今年(紫)も現在のところ概ねそのパターンを踏襲していることがお分かりになるかと思います。仮に今回も2013年のライン(1番伸びが低い年)を辿るとすれば、年末には128.74円まで上昇することになります。

12月のFOMCは16日。最近では日銀の年内追加緩和観測は大きく後退していますが、その一方で政府の補正予算(真水で3~5兆円)が打ち出されるのでは?との見方が広がっています。また、米ドル資金調達コストが急上昇しているとの報道も伝わっています。米利上げを控えて市場のドル流動性が枯渇していることを意味します。黒田ラインである125円で打ち止めと決めつけていると思わぬ落とし穴にはまることになるかもしれません。

<資料>過去3年の10月からのドル/円指数チャート
ドルインデックス各年10/1=100

M2J提供番組(ラジオ)
ラジオNIKKEI ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア(毎週金15:10~16:00)

http://market.radionikkei.jp/fxms/

M2J主催会場セミナー
全国セミナープロジェクト2015・名古屋セミナー【12/12(土)】

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2642
※M2Jの開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

マネースクウェア・ジャパン 市場調査部 チーフアナリスト|津田隆光様ご寄稿記事
M2Jバナー

比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

常に個人投資家の皆さんとともに! 比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!