注目PickUp

隠れた“出遅れ通貨ペア”に着目!

【著者】

昨日の各市場の動きを見ても、米10年債金利は上昇しているにも関わらず、ドル/円は下落とマチマチの動きとなっており、相場が読みにくい状況となっています。元来、為替は金利との相関が高いとされていますが、現在の市場はその時々の材料にのみ反応している印象。

相場の分析手法にはファンダメンタルズ分析・テクニカル分析の2パターンがありますが、ファンダメンタルズ分析では現在の為替市場、説明がつかない状況です。

出遅れ通貨ペアを探せ!

当社津田と「10月末買い・4月末売り」の半年投資について当欄でもお伝えをしておりましたが、それではそれ以降の相場どうなっているのか今一度確認をしてみたいと思います。5/1の各通貨ペアの終値を100としてその後の推移を示したのが、下記のチャートです。

<資料>5月以降の通貨ペアの動き
出遅れ通貨ペア
※5/1の終値を100

1通貨ペアだけ5/1の終値を下回っていることがお分かりになるかと思います。そう、NZドル/円です。NZドルには利下げ観測がありますが、個人的には住宅価格の上昇もあり、難しいのでは?というのが印象。加えて、NZの政策金利は3.50%と他の先進国と比べても高水準です。

完全に出遅れているNZドル/円ですが、今後、他の通貨ペアの動きをキャッチアップするようであれば、今のうちに仕込んでおくチャンスと言えるのではないでしょうか。

当社提供番組(ラジオ)
ラジオ日経 「ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」(毎週金15:10~16:00)

http://market.radionikkei.jp/fxms/

「全国セミナープロジェクト2015」沖縄セミナー(6/20)
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2497
※当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

マネースクウェア・ジャパン 市場調査部 チーフアナリスト|津田隆光様ご寄稿記事
bn_350_80

比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!