【ロンドン市場】コックス法務長官発言を受けてポンド急落

 東京早朝にメイ首相とユンケル欧州委員長がバックストップ機能に関して法的拘束力のある合意との報道で、一気にポンド買いが進んで迎えたロンドン市場。議会での合意については不透明との思惑で上値からポンドの頭が押さえられる展開が続いた後、コックス英法務長官が法的リスク残る点に変わりはないと発言し、バックストップを終了させるための国際法上の合意性はないことを示したことでポンドが急落する展開に。
 この判断を受けて、バックストップ問題で前回反たんに回ったDUPなどが今回の採決で賛成に回る可能性が低くなったとの思惑がポンド売りにつながっている。東京朝に1.3280台を付け、その後はいったん1.32台で推移。ロンドン市場での調整売りに1.31台に落としたところで出たこの発言に1.30ちょうど近くまで売り込まれるなど一転してポンド安が進んでいる。英議会はこの後東京時間の午前4時頃(審議の動向で大きく前後する可能性)に採決を行う予定。

 ドル円は株高を受けたリスク選好に朝方111円46銭近辺と、東京午前の高値をわずかに超えるところまで買いが入ったが、ポンド円の売りもあって111円10銭台まで値を落としている。

 ユーロドルは朝方ポジション調整がらみの買いもあって1.1280台まで上昇。ポンドの下げに少しつられる形で調整が入り1.1250近辺へ。0.8500近くまで朝方値を落としたユーロポンドが0.8650を付けるなど対ポンドではユーロ買いに。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中