【ロンドン市場】欧州通貨間取引が主導、EU離脱期限迫る

18日のロンドン市場は、ユーロポンドの取引が活発。ユーロ買い・ポンド売りの流れが優勢になっている。3月29日の英国のEU離脱期限が目前に迫ってきており、メイ英首相の離脱案の3回目の採決への思惑やEU側の離脱期限延長をめぐる動きなど情報が錯そうしている。英議会はまだまだ流動的な状況のようだ。週明けの欧州株式市場は、上海・香港株の上昇を受けて堅調にスタートしたが、英FT指数が買いを維持する一方で、独仏株価指数は上値が重くなっている。特に独DAX指数は下げに転じる弱い動き。ドル円豪ドル円は東京市場の上昇に調整売りが入る場面があった。ユーロドル1.13台半ば、ユーロ円126円台半ばで堅調に推移。一方、ポンドドルは一時1.32台前半、ポンド円は147円台前半まで下押しされた。イタリア政府がEU離脱期限延長を阻止するつもりはない、としたことで足元では下げ渋っているが、対ユーロでは引き続き軟調。ドル円は111円台後半から半ばへとジリ安。豪ドル円は79円台前半で買い一服。

ドル円は111円台半ばでの取引。東京市場では買いが優勢で、111.63レベルまで買われた。しかし、東京午後には買い一服。ロンドン市場では欧州株の伸び悩みとともに111.43レベルに本日安値を広げている。ただ、値幅は20ポイント未満と小動き。

ユーロドルは1.13台半ばでの取引。この日はユーロ買いの動きが優勢。ユーロドルは1.13台前半から1.1359レベルまでジリ高。ユーロ円も126円台前半から126.63レベルまで高値を伸ばした。対ポンドでの買いが主導したようだ。1月ユーロ圏貿易収支(季節調整済み)は170億ユーロの黒字と事前予想150億ユーロを上回ったが、指標への反応は目立たなかった。

ポンドドルは1.32台後半での取引。序盤は売りが優勢となり、安値を1.3228レベルまで広げた。メイ英首相の離脱案の3回目の採決への思惑やEU側の離脱期限延長をめぐる動きなど情報が錯そうしている。独政府高官がイタリアなど複数の国が英国のEU離脱期限延長に反対、と発言したことがポンド売りを誘った。しかし、イタリア政府筋がEU離脱期限延長を阻止する計画はない、と否定したことで、下げ渋った。ポンド円も148円台割れから147.42レベルまで下押しされたあとは148円近辺へと反発。ただ、いずれも東京市場での高値圏には届いていない。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

松木秀明 | minkabu PRESS編集部

松木秀明 | minkabu PRESS編集部

minkabuPRESS編集部所属