【ロンドン市場】ドル円は膠着続く、ユーロ買いは一服

 ドル円は112円近辺で膠着している。
朝方はやや堅調な動きを見せたものの112円06銭近辺まで。
その後は112円を挟んでの狭いレンジでもみ合った。

 東京市場からロンドン朝方にかけて見られたユーロ買いの動きはその後一服。
 ユーロドルは1.1320台から1.1310ばさみでの推移に。

 ドイツ政府が2019年の成長見通しをこれまでの1.0%から0.5%に引き下げたことなどが調整を誘った。
 ドイツ政府は通商問題や英ブレグジットの影響が重石と指摘している。
来年2020年については+1.5%に持ち直すとしている。
成長見通し引き下げ見込みについてはすでに報道機関などから見込みとして報じられており
今回正式に引き下げを発表した形。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中