FXのレバレッジとは?

・レバレッジとは少ない資金で大きな資金を動かすことができる仕組み
・個人で使用できるレバレッジは25倍まで
・ドル円が100円の時に必要な証拠金は4万円

FXの大きな魅力として、実際に取引額より少ない資金で取引することができます。これをレバレッジを効かせて取引する、などと表現しています。少ない資金で大きな資金を取引できることから、てこの原理の英訳「レバレッジ」と呼ばれるようになったようです。

少額で取引できる理由

FXは、日本語で「外国為替証拠金取引」というように証拠金で取引を行います。実際に投資している金額は必要なく、約25分の1の金額を証拠金として差し入れれば取引を開始できます(レバレッジ25倍の場合)。高額取引が行えるので1日に1円値動きがあるかどうかの為替市場でも利益に期待できますね。

レバレッジ25倍の「25倍」ってどういう意味?

レバレッジとは、担保に入れた証拠金に対して何倍の金額に投資しているのかを表す言葉です。

では、レバレッジ25倍だと証拠金はいくらになるのか、1ドル100円と仮定して計算してみましょう。
取引額⇒100円×1万通貨=1,000,000円
証拠金(担保)⇒1,000,000円÷25倍=40,000円
となり、4万円を担保にして10万円の取引をしていることになります。

ドル円が100円の時に1万通貨を購入した場合、1円の値上がりで1万円の利益となります。

銀行預金の場合(レバレッジ1倍)
100万円の投資で1万円の利益

FXの場合(レバレッジ25倍)
4万円の投資で1万円の利益

本来、100万円する1万ドルを4万円で取引できると考えるととてもお得ですよね。でも、実際には足りない960,000円分は借りているのです。万が一、ドル円の価値が0円になったら残りの96,000円分は借金となりますので、そこは覚えておいてくださいね。

なぜ25倍のFX会社が多いの?

レバレッジは高いほど少額で取引できることになり、資金効率が上がっていきます。一方で担保が少額になるということは、損失によって元本が無くなってしまうまでの金額も少なくなっています。そこで日本では、投資者の口座がマイナスになるリスクを考えて、FXのレバレッジは最大でも25倍までという決まりができました。最大25倍と決められているので、FX会社でも最大25倍までとしているところが多いのです。実際の証拠金額は、各FX会社がリスク計算して算出していますのでピッタリ25倍にはなっていませんが、だいたい同じような金額となっています。

結局いくら必要なの?

多くのFX会社では、担保として預かった証拠金が足りなくなると口座を自動決済するシステムが導入されています。そのため、4万円ぴったりしか口座にないと1円でも含み損がでた時点で決済されてしまいます。入金額は、証拠金に想定される損失額をプラスした金額をオススメします。

FXのメリット
https://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/benefits2/