ドルロングが増えやすい形ー基本解説_2013/01/07

記載日:2013/01/07

12月初の押しは、
日足が右下がりの格好で相場はベアになりやすく、
ドルロングは減りやすいー上昇トレンド継続にはよい形。

一方、今回の105円ミドルからの押しの一連の動きは、
月曜日に前日高値を更新しており、
これは相場がブルになりやすく、ドルロングは増えやすい、
ーそのため重くなって、その前の下落の動きが継続しやすい。 

しかしいまのところ慣性の目処としたあたりで下げ止まっており、
慣性の3波(日々チェック参照)が利いても良いともみえるため、
両方向に対処できるように。

現状は目先時間足が上向きで底堅さが見えている。

(時間足については、
どっとコム社のわたくしのレポートと、「レポートの見方」参照。
==============================

ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================

<関連リンク>
高野由美子のドル円レポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
  口座開設は→コチラ

*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
http://ameblo.jp/yumiko3035/

高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。