マーケット

株価は今後の動向を示唆している?

【著者】

まずは下記の株価チャートをご覧ください。タイトルを見れば、お分かりかと思いますが、こちらは日銀の株価推移を表したものです。

<資料>日銀の株価推移
日銀の株価推移出所:Bloomberg

正確に言うと、普通の株式と異なり、「出資証券」と呼ばれるものです。
今回、出資証券について事細かに説明するつもりはありません

。こちらの株価推移、第二次安倍内閣発足から期待感で日銀の株価も倍以上の上昇を演じていたのですが、3ヶ月後からじりじり下落、ここにきて第二次安倍内閣誕生前の安値(30,000円)が視野に入ってきていることがお分かりになるかと思います。

ご存知の通り、7月末の日銀金融政策決定会合でETFの買入増額を決定しましたが、かえって株価対策に失望の声が多く聞かれ(株価対策をする中銀など、日銀以外存在しません)、日銀の政策が限界に近付いており、「9月の会合で打つ手がないのでは?」との観測も広がっています。
ETFの増額により日経平均はサポートされている一方、企業業績の改善も見られないことから上値(17,000円)も重くいびつな価格形成が行われる状況です。

マーケット関係者の中には、このいびつな状況を打開するために、ETF買入を止め(一部の委員からも提案されている追加緩和の縮小)、即座にうみ出しを行った方が、健全化への早道だと話される方もいます。

一般的に「株価は半年から8ヶ月先の経済の先行きを映す鏡」と言われています。このまま日銀の株価がじりじり下げ続けるようだと、金融市場も大きな波乱になる可能性があるのでは?と考えてしまうのですが、果たしてどうでしょうか。以前、当欄でもお伝えをしておりますが、8月は日経平均・NYダウにとって鬼門の月です。

株価指数CFD運用力向上講座in札幌
※当社の開催するセミナーには取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

M2J提供番組(ラジオ)

ラジオNIKKEI ザ・マネー~西山孝四郎のマーケットスクウェア(毎週金15:10~16:00)
ラジオNIKKEI 世界の株価de資産運用(毎週火16:30~17:00

マネースクウェア・ジャパン 市場調査部 チーフアナリスト|津田隆光様ご寄稿記事
M2Jバナー

比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!