4月の二の舞は勘弁

アメリカは来週のFOMCを控えブラックアウト期間中央銀行の政策決定会合メンバーが、政策決定会合の前後で金融政策に関することについて発言することを禁じたルール)に入りました。
その直後、日銀の金融政策に関する観測記事が経済紙より伝わってきており、しばらくは日銀ネタに振り回されそうです。

その記事によると、日銀はマイナス金利深掘りを軸とした緩和策を打ち出すというもの。マイナス金利政策の効果が副作用を上回るとの見解をまとめるとの内容ですが、金融政策の指針となるテーラー・ルールの生みの親であるテーラー教授はマイナス金利は効用より弊害が大きい可能性があると指摘。

昨晩から、上記記事を受け円売りに傾いているとの論調が見られますが、もし仮にこの通りの内容を打ち出した場合、このネタ自体は決して目新しいものでもなく、市場は円買いで反応するのでは?との考えがよぎりました。

黒田丸は何とか円安に持っていきたい、また、株式市場についても超絶6兆円のETF買いで支えられると考えているのかもしれませんが、米株・欧州株・中国株の下落があれば、その目論見もあっさりと崩れるのではないでしょうか。

折しも、日銀金融政策決定会合の1週間前の報道、4月の二の舞(某情報ベンダーからの観測記事で相場が荒れたことを記憶されている方も多いのではないでしょうか)にならないといいのですが・・・。

NYダウのチャートは売りトレンド

実際、NYダウのチャートを確認すると、標準偏差ボラティリティ・ADXの形状は低い位置から上昇しており、これすなわち、売りトレンドが発生していることを意味します。目先18日移動平均線の-3%水準(執筆時段階で17,882ドル)がサポートされるのか注目されます。

<資料>NYダウ(日足)の推移
nydow出所:Bloomberg

株価指数CFD運用力向上講座in名古屋(10/1)
※当社の開催するセミナーには取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

M2J提供番組(ラジオ)

ラジオNIKKEI ザ・マネー~西山孝四郎のマーケットスクウェア
(毎週金15:10~16:00)
ラジオNIKKEI 世界の株価de資産運用(毎週火16:30~17:00)

M2Jバナー
比嘉 洋|マネースクエア シニアコンサルタント

比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!