マーケット

ドル/円、120円台までの「無抵抗地帯」に突入か?

【著者】

ドル/円の“空中浮遊相場”が続きそう?

本日、米FOMC会合が終了し、事前予想通り0.25%の利上げが決定されました。
同会合でのサプライズとなり得たのは、来年の利上げペース(回数)。0.25%の利上げ予想回数が、従来(9月時点)の2回から3回へと上方修正されたことが「想定外」と受け止められ、ドル/円は今年2月4日以来の高値となる117円台後半まで上昇しています。(15日午前10時時点)
ドル/円相場の動きを、週足チャート+フィボナッチリトレースメントで見てみると、昨年6月時高値(125.86円、下図A)と今年6月時安値(98.76円、下図B)を結んだ、フィボナッチ61.8%ライン(115.51円、下図C)を明確に上抜けしていることが分かります。

usdjpyweek

同ラインを上抜けした場合は、さしたる抵抗帯となるメルクマールは見当たらず、いわば“真空地帯”へ突入したような形とも言えます。

あえて次なるメドを設定するならば、今年1月時に付けた高値である121.66円(上図D)。市場参加者の心理的メドを勘案してみると、その手前である120円と捉えた方がいいのかもしれません。

年内のドル/円相場は、当該目標ラインに向けた空中浮遊相場が継続しそうです。

次の注目は・・・“真の”トランプ・ショック?

そんな中、個人的に注目しているイベントが・・・12/19米大統領選挙・選挙人投票
この期に及んで「何をいまさら?」と思われる方も多いのではないでしょうか。
先の米大統領選挙(11/8)はあくまで「選挙人」を選ぶ選挙であって、19日の選挙人投票の結果を受けて、晴れて正式決定となります。(最終的な当選者の認証は、1/6の米連邦議会合同会議で決まります。)
通常時では、あくまで形式的な位置付けである選挙人投票であるものの、一般投票ではクリントン氏の方が得票多数であったこともあり、仮に37人の『不誠実な選挙人』、つまり造反者が出れば、先の結果が覆る可能性も。

とはいえ、この『不誠実な選挙人』は1948年以降9人生まれたという事実があるものの、かつて結果が覆るような事例は一度もないことに加え、過去70年弱の歴史において9人“しか”でなかった『不誠実な選挙人』が、一度に37人出る可能性はかなり低いと言わざるを得ません。

ただし、全米各地(特にクリントン支持者の多いカリフォルニア州やNY等の大都市圏)で「反トランプ」デモが依然熱気を帯びていることに嫌気を差すような、また主要ポストの人事等を見るにつけ、「本当にトランプ氏に国政を任せていいのか」と遅疑逡巡とする選挙人がいたとしても、それは不思議ではありません。

仮に『謀反』とも言えるような行動に出た場合は、世界の政治・経済は灰神楽が立ったような状態となるのは必至です。

その発生確率は必ずしも高くはないものの、ブラックスワンイベントとして頭の片隅に入れておく方がいいのかもしれません。

M2J提供動画視聴サイト

M2TV(M2Jマーケットスクウェア)(月~金)
M2J主催セミナーカレンダー(会場・WEB)

※M2Jが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

M2Jバナー
津田 隆光|マネースクウェア・ジャパン

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」では隔週金曜日にコメンテーターを務める。