マーケット

目前に迫る!23日・25日イベント

【著者】

ここにきて、個々の材料に一喜一憂する展開となっており、市場は方向感を見出しにくい状況が続いています。23日にはフランス第1回大統領選挙が控えていることも持ち高を大きく傾けにくくしている要因と考えます。

さて、そのフランス大統領選、直前になってこれまでの三つ巴から4者択一に変化してきています。5番手にすぎなかったメランション候補が17~19%まで支持を伸ばす一方で、決選投票進出が確実視されているマクロン、ルペン両候補が支持をやや落としてきており、これに現在3番手のフィヨン候補を加えた4候補の支持率が僅か5%の間でひしめき合う大混戦となっています。今回の投票で過半数を獲得する候補者は出ないでしょうから、5月7日に上位2名による決選投票となることはまず間違いないでしょう。

ただ、その組み合わせ次第で相場に影響を及ぼす可能性がありそうです。市場に最も影響を与えない組み合わせはマクロン・フィヨン)のパターン、一方で、最悪のケースはルペン・メランションと予想されています。

昨年のBrexit、米大統領選のサプライズも記憶に新しく、結局のところ、市場は結果を見極めて始動と言うことになるでしょう。そして、今回もその結果が判明するのは東京市場ということになりそうです。

やっぱり短い時間軸でのトレード

そうなると、これまで何度となくお伝えをしております短い時間軸でのトレードが効果的ではないかと考えます。今回改めてご紹介すると、4時間足以下の短い時間軸のチャートを利用し、為替であれば(株式であれば、21ボリンジャーバンドの±0.6シグマを利用。株式市場の方がボラティリティが高いため)、21ボリンジャーバンドの±1シグマのどちらかに飛び出したほうに乗るという戦法です。
と同時に標準偏差ボラティリティでトレンドが発生(低い位置から上昇していること)している、以上の2点となります。

イベントを前にポジション調整、あるいは、証拠金を厚めにしておくなどのリスクマネージメントの徹底も大事であると考えます。23日のイベント後には、25日の北朝鮮の軍創建85周年イベントも控えていますから・・・。

<資料>ユーロ/円(4時間足)の推移
eurypy170420
出所:M2J Chart Square

M2J提供番組(ラジオ)
ラジオNIKKEI 「ザ・マネー~西山孝四郎のマーケットスクウェア」(毎週金15:10~16:00)
ラジオNIKKEI 「世界の株価de資産運用」(毎週水16:00~16:30)

M2Jバナー
比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!