今後の注目点は米政治?!

【著者】

朝鮮半島リスクの高まりも一時的なものにとどまりつつありますが、北朝鮮からは「太平洋を標的にした弾道ロケットの演習実施がさらに必要。今後の行動は米国の態度による」と発せられており、引き続き、米朝の緊張には警戒が必要であると言えそうです。

私が注目しているトピックは(1)米金融政策の行方、(2)トランプリスク、(3)朝鮮半島リスクの3つです。先のジャクソンホールミーティングでイエレン議長が今後の金融政策について何ら言及しなかったことから、(1)については、今後の経済指標、特にインフレナンバーを丹念に確認していくことになりそうです。そしてここからは(2)及び(3)に対する警戒が必要な時間帯に入ったのではないかと考えています。
今回、トランプ大統領はミサイル発射に伴い中々コメントを発しませんでした。あのトランプ大統領がです!異例と感じたのは、私だけではないはずです。

また、9月には政治的なイベントも控えています。
連邦債務上限引き上げ、新会計年度歳出法、つまり予算問題です。市場が楽観視していた途端、トランプ大統領のつぶやきでその見方も一転するという状況が続いており、ギリギリまで大統領と議会のやり取りが目まぐるしく変わりそうなだけに、結果を見るまでは安心できない状況が続くことになりそうです。そして、その際の米株式市場がどういった反応を示すのかに注目しています。

下記チャートはNYダウの月足です。
お気づきになりましたか?NYダウはリーマンショック後、9年にわたり上昇し続けています。イエレン議長を始めとするFRBの要人からは資産価格のバブルに対する警鐘が事あるごとに発せられていますので(ジャクソンホールミーティングでもそうでした)いつ何時、調整が持ち込まれたとしても不思議ではありません。

それでなくても、8・9月は株価が下げやすいとされていますから。
あのリーマンショックも9月の出来事でした。

<資料>NYダウ(月足)
NYdaw170830
出所:当社チャートより 

雇用統計よりもPCE!?

今週末には米雇用統計の発表が控えていますが、このところ雇用統計の数字は強いものが目立ち、その後の反応も今一つ。上記で示したようにインフレナンバーの結果に左右されることが多いように感じていますので、明日発表されるPCEの結果が、相場の変動要因になるのでは?と考えています。

ちなみに、予想値は前年比1.4%とFRBが目指している2%からまた遠のく数値になりそうです。

M2J提供番組(ラジオ)

ラジオNIKKEI 「ザ・マネー~西山孝四郎のマーケットスクウェア」(毎週金15:10~16:00)
ラジオNIKKEI 「世界の株価de資産運用」(毎週水16:00~16:30)
毎日、旬のトピックをアップ「M2TV」

M2Jバナー
比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

常に個人投資家の皆さんとともに! 比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!