『黄金の180日ルール』の季節が到来!

今年もこの季節がやって来ました。“この”とは、季節的なアノマリー(※)である、【黄金の180日(=半年)ルール】、ないしは【ハロウィン効果】のことを示し、具体的には『10月末買い、(翌年)4月末売り』のことで、そのプラスリターン率の高さから“究極のアノマリー”とも呼ばれています。
(※ 「アノマリー」:マーケットにおいて、はっきりとした理論的根拠を持つ訳ではないものの、よく当たるかもしれないとされる経験則や傾向・パターンのこと)

当然、すべての通貨ペアや投資銘柄がそのアノマリーに当てはまる訳ではなく、また、毎年必ずワークする手法というものではないものの、投資の鉄則とも言える『(投資とは)確率の高い方にbetするゲーム』(bet:賭ける、乗る)という基準に従えば、一見する価値はあるのではないかと考えます。

以下、日経225、NYダウ、米ドル/円、豪ドル/円、NZドル/円、そして英ポンド/円の6銘柄の2000年以降における『10月末買い、4月末売り』の勝敗表(注)をご覧ください。(注:該当年の10月最終日終値レートを「始値」、翌年4月最終日終値レートを「終値」とした場合、陽線引けを「勝ち」、陰線引けを「負け」としています。)

上図より、2000年以降17年間の勝敗および勝率は、高い方から記述すると、
NYダウ:14勝3敗(.823)
豪ドル/円・NZドル/円:13勝4敗(.764)
日経225・米ドル/円・英ポンド/円:12勝5敗(.705)
という結果に。

さらにそのタームを長くし、1990年以降27年間の勝敗および勝率を同様に並べると、
NYダウ:24勝3敗(.888)
豪ドル/円・米ドル/円:19勝8敗(.703)
日経225:18勝9敗(.666)
NZドル/円:17勝10敗(.629)
英ポンド/円:15勝12敗(.555)

という結果になっています。

これらより、NYダウの『10月末買い、4月末売り』の勝敗および勝率は、他の銘柄と比べても際立って高くなっていることが分かります。そんな中、通貨ペアの中では豪ドル/円が相対的に高い勝率となっていることも見て取れます。以下、豪ドル/円の『10月末買い、4月末売り』を示した月足チャート(期間:1990/1-2017/10)をご覧ください。

前述の通り、1990年以降27年間で『10月末買い、4月末売り』においてプラスリターンとなった回数が19回、マイナスリターンとなった回数が8回、つまり19勝8敗(.703)となっており、同期間における総獲得値幅※は+67.58円となっています。(※ 総獲得値幅:1990年以降の「4月終値レート」-「10月終値レート」を累計した数値のこと。)

繰り返しながら、この手法(『10月末買い、4月末売り』)は絶対の法則ではないことを理解していただいた上で、『(投資とは)確率の高い方にbetするゲーム』であること、そして、『(相場とは)傾向・パターン・クセなどを見つけ出すゲーム』であることに立脚し、当該季節的アノマリーをご参考にしていただければ幸いです。(詳細部分については、26日M2TV「今年もこの季節がやって来た!『黄金の180日ルール』について」もご覧ください。[音声にはお気を付けください])

M2J提供動画視聴サイト

M2TV(M2Jマーケットスクウェア)
今年もこの季節がやって来た!「黄金の180日ルール」について
M2J主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※M2Jが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。