注目PickUp

8月相場は「ジャクソンホール」と「豪ドル安」に要注目!

【著者】

26日ジャクソンホールに要注目!

8月も残すところあと一週間を切る中、25日時点で8月相場を振り返ってみると、まさに「夏枯れ相場」という表現がピッタリなのかもしれません。

当初からマーケット参加者の関心は、26日に行われるジャクソンホール会合でのイエレンFRB議長の講演内容に集まっており、それまでは大きなリスクテイクを取る必要性も合理性もなかったと言っていいのかもしれません。
気になるイエレンFRB議長の講演ですが、日時で言うと26日の日本時間23時から予定されており、その発言主旨が「タカ派」寄りなのか、はたまた「ハト派」寄りなのかが今後のマーケット参加者の関心事。

ただし、昨今のアルゴリズム運動による相場変動を警戒し、極力「玉虫色」で「ファジー」な見解を示すことも想定され、相場の先行きは出たとこ勝負となりそうな気配も。

個人的には、FRBの利上げタイミングが9月であろうが12月であろうが、ドル/円の下降基調は不変と考えており、仮に「“超”タカ派」的発言であっても、21週移動平均線(≒105円台)付近まで戻れば一杯で、より現実路線で想定すると、21週標準偏差・-1σライン近辺である101円台後半付近までの戻りがあればいい方ではないかと考えます。

また、仮に「“超”ハト派」的発言主旨の場合は、同-2σライン近辺である98円台前半までの下げが想定され、基本的には上方硬直性相場が継続すると考えます。

豪ドル/円の「8月買い」は今年もワークしそう?

論点が若干変わりますが、「8月」アノマリー(=季節的要因)と言えば・・・「8月=豪ドル安」説
過去16年(2000-2015年)の8月における豪ドル/円の陽線・陰線割合を見てみると、陽線を「勝ち」、陰線を「負け」としてみると、その勝敗は3勝13敗。つまり、豪ドル/円安の確率は.812にのぼります。

そんな豪ドル/円ですが、同通貨ペアの「8月末買い、12月末売り」の過去10年の成績表を見てみると、8勝2敗となっています。
また、この「8月末買い、12月末売り」はNZドル/円でも8勝2敗の成績となっており、日経平均7勝3敗NYダウ8勝2敗の好成績に。

あくまで理論上では表現できないアノマリーであるため、絶対に当たる法則ではありませんが、あくまでマーケットのパターン事例として頭の片隅に入れていただければ幸いです。

ドル円

M2J提供番組(ラジオ)

ラジオNIKKEI ザ・マネー~西山孝四郎のマーケットスクウェア
(毎週金15:10~16:00)

M2J提供動画視聴サイト

M2TV(M2Jマーケットスクウェア)(月~金)

M2J主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※M2Jが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント|比嘉 洋様 ご寄稿記事
M2Jバナー

津田 隆光|マネースクウェア・ジャパン

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」では隔週金曜日にコメンテーターを務める。