マーケット

今年もこの季節がやって来た!「ハロウィン効果」「黄金の180日ルール」について

【著者】

第3回TV討論会は、ブラックマンデーから29年目の日に開催予定

現地時間9日(日本時間10日)に開かれた第2回米大統領候補TV討論会。
今回は米中西部ミシガン州セントルイスにおいて、市民集会(タウンミーティング)形式で開かれ、候補者を決めかねている有権者、つまり浮動票となる有権者の質問に回答するという形式で行われました。
討論会開始時の恒例の握手も行われず、その後の討論会でも結局お互いによる非難・中傷の応酬、泥仕合となったことは周知の通り。

米メディアによれば「史上最も醜い討論会」と揶揄される中、消極的選択でクリントン氏がやや優勢となっており、共和党重鎮から総スカンを食らっているトランプ氏の起死回生の逆転打があるのかが注目されていますが、孤立無援の戦いを色濃くしているトランプ氏の劣勢は否定しようがありません。

第3回目のTV討論会は、次週10月19日にラスベガスで開かれ、その約3週間後となる11月8日に本選挙が行われる予定。最後のどんでん返しとなる“オクトーバー(10月)サプライズ”はあるのでしょうか。
また一方で、第3回目の討論会が行われる10月19日は奇しくもブラックマンデーから29年目の日。これは何かの暗示なのでしょうか。

「10月」「ハロウィン」と言えば・・・“黄金の180日ルール”の始まりの季節

その「10月」ですが、今年もこの季節がやって来ました。
「ハロウィン効果」「黄金の180日ルール」とも呼ばれる、『10月末買い、4月末売り』という、“究極のアノマリー”に副う時期がいよいよ到来します。
当然この「効果」「ルール」はあくまでアノマリーであって、科学や論理で保証・約束されたものではありませんが、あくまで過去のパターンにおいて「よく当たっている」事象として、例年マーケット関係者の耳目が集まります。

2000年以降16年間のデータを見てみると、機械的に10月末のレートで買って(エントリー)、翌年4月末のレートで売った(イグジット)場合、各主要銘柄の成績は以下の通りです。

NYダウ:13勝3敗(勝率.812)
豪ドル/円・NZドル/円:12勝4敗(同.750)
日経225・ドル/円・ポンド/円:11勝5敗(同.687)

ちなみに昨年の『10月末買い、4月末売り』は、上記6つのうちNYダウ以外5つは<負け>となっています。

今回は11月に米大統領選を控えていること、また各国中央銀行の金融政策が依然不透明であること、さらには「ハード・ブレグジット」と呼ばれる英国のEU離脱問題に伴うポンド安観測等もあり、例年以上に警戒感が高まっていることを念頭に置きつつ、あくまでアノマリーとしてご参考にしていただければ幸いです。

M2J提供動画視聴サイト

M2TV(M2Jマーケットスクウェア)(月~金)

M2J提供番組(ラジオ)

ラジオNIKKEI ザ・マネー~西山孝四郎のマーケットスクウェア
(毎週金15:10~16:00)
M2J主催セミナーカレンダー(会場・WEB)

※M2Jが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

M2Jバナー
津田 隆光|マネースクウェア・ジャパン

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」では隔週金曜日にコメンテーターを務める。