米ドル/円、保ち合い下放れが示現か

【著者】

今週9日の日銀超長期債買い入れ減額報道、そして、10日の中国外貨準備見直しに伴う米国債購入縮小ないしは停止報道(※)もあり、米ドル/円が下押し圧力を強めています。以下、米ドル/円・日足チャート+DMIをご覧ください。
(※11日、中国外為管理局が「間違った情報」ないしは「偽ニュース」と否定済み)

上図チャートにおいて、直近高値A(2017/11/6 114.69円)と同安値B(2017/11/27 110.80円)を基点とし、以降の上ヒゲ、下ヒゲを結んだ線(前者:上値抵抗線、後者:下値支持線)が三角形となり、いわゆる『三角保ち合い(さんかくもちあい)/コイル型』のチャート形状を形成していましたが、1/10時点でローソク足が下値支持線を下抜けブレークしています。(上図青色三角印)

一般的には、三角保ち合いを形成し、その鋭角部分に向かって収斂する動きとなっていたローソク足が、その後「上値抵抗線」ないしは「下値支持線」をブレークする展開、いわゆる『保ち合い放れ(もちあいばなれ)』となったケースでは、そのブレークした方向にモメンタムが強まることが多いと言われています。

上図チャートでは、前述の通りローソク足が下値支持線を下抜けブレーク(=下放れ)していることから、足もとの米ドル/円の方向性は下押し主体に変化したと捉えた方がよさそうです。

一方で、相場の方向性を示唆するDMI(方向性指数)を見ると、-DI>+DIとなっており、また、ADXが右肩上がり推移となっていることから、マイナスの方向性優位、つまり下降モメンタムが強まる展開となる可能性も。(上図青色丸印)
当面の米ドル/円における下値メドは、昨年11月に付けた安値である110.80円(上図B)。仮に、当該レートを終値レベルで下抜けした場合は、さらに下降モメンタムが強まる可能性もありそうです。

M2J提供動画視聴サイト

M2TV(FXマーケットスクウェア)
要警戒の『1月相場』?
M2J主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※M2Jが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。