日経225、「21,000円割れ」で弱気相場入りか

【ポイント1】NASDAQ、NY原油週足チャート→『弱気相場入り』シグナル
【ポイント2】日経225週足チャート→『弱気相場』or『下値サポート』の端境期
【見通し】日経225→「下降バンドウォーク」+「ADX上昇」+「21,000円割れ」なら『弱気相場入り』も

「投資家のテクノロジー株離れを示す兆候」(Bloomberg)として注目される米国・NASDAQの株価動向ですが、同・週足チャートでは『弱気相場入り』と見られるシグナルが視認できます。

上図チャートでは、1) 21週MA(移動平均線)が右肩下がりであること、2) BB(ボリンジャーバンド)・±2σラインが21週MAに対して拡張する、“エクスパンション”が示現していること、3) ローソク足がBB・-1σラインと同・-2σラインの間を推移する“下降バンドウォーク”となっていること、そして、4) DMI(方向性指数)で-DI>+DIとなり、ADXが右肩上がりとなっている(上図青色点線丸印)ことから、NASDAQ・週足チャートは【下降トレンド期】に入っていると捉えて良いでしょう

その転換ポイントとなったのが、10/8の週。同週、ローソク足が21週MAならびにBB・-1σラインを下回り(上図黄色矢印)、その後、前述した“下降バンドウォーク”となっていることが確認できます。

これからの時間におけるNASDAQは、上図チャート形状から勘案する限り、下値追いの相場展開となりそうです。(※下値追い:安値を更新していく相場状況のこと。)

「弱気相場入り」「下値追い」と言えば、NASDAQに先んじて、NY原油がそのシグナルを示現しています。以下、NY原油(先物)・週足チャートをご覧ください。

上図チャートの各メルクマールは前述したNASDAQチャートと同じですが、その下降モメンタムの強さは同チャートを凌駕(りょうが)する勢いとなっていることが視認できます。よって、NY原油相場は、さらなる下値追いの相場展開を想定した方が良さそうです。

そして、最後に確認したいチャートが・・・日経225(現物)・週足チャート。

上図チャートでは、1) 21週MAがやや右肩下がりであること、2) BBが26週MAに対して拡張する“エクスパンション”となっていること、3) ローソク足がBB・-1σラインを下回っていること、そして、4) DMIで-DI>+DIとなっている(上図青色点線丸印)ことから、日経225・週足チャートでも、緩やかな下降トレンドを示しており、【下降トレンド期】入りor下値サポートの端境期(はざかいき)にある状態と捉えて良さそうです。

これからの時間において、仮に、a) ローソク足がBB・-1σラインと同・-2σラインの間を推移する“下降バンドウォーク”が示現し、b) ADXが右肩上がり推移となることが視認でき、そして、c) ローソク足が終値レベルBB・-2σライン(≒21,092.97円)割れとなった場合は、日経225は、NASDAQ、NY原油同様、『弱気相場入り』と捉えるべきなのかもしれません。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(FXマーケットView)2018年 アストロロジー分析振り返りと足もとの重要変化日について
マネースクエア主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※マネースクエアが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

 

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。