「鯨幕相場」が続く英ポンド/円。その“主戦場”と見通しは?

【注目ポイント】典型的なレンジ相場を示すチャート形状
【見通し】当面は「144.00~146.00円」が“主戦場”となりそう

ここもと、いわゆる「鯨幕相場」※が続く英ポンド/円。(※鯨幕相場:相場の上げ下げが交互に現れる状態のこと。)

上図チャートでは、1) 21日MA(移動平均線)が横向きであること、2) 遅行スパンがローソク足と絡み合う形状となっていること、そして、3) 各BB(ボリンジャーバンド)が21日MAに対してパラレルとなっていることから、ポンド/円・日足チャートでは典型的なレンジ相場を示すチャート形状となっています。

また、a) ローソク足の上方にパラボリック・SAR(ストップ・アンド・リバース)があること、b) ローソク足の上方に赤色の雲(=抵抗帯)があること、そして、c) DMI(方向性指数)で+DI>-DIとなっている(上図赤色点線丸印)ことから、足もとでは上値が重く、同時に下値もある程度しっかりしている状態と捉えることができます。

以上を概括すると、英ポンド/円の“主戦場”となり得るゾーンは、BB・-1σライン21日MAを基準とする「144.00~146.00円」(上図黄色四角枠)と見て良さそうです。よって、当面は、当該レンジ(=144.00~146.00円)をベースとするレンジワーク主体の相場展開となりそうです。

仮に、当該レンジの下限レベル(=144.00円)を割り込んだ場合は、BB・-2σラインを基準とする143.00円付近までの下押しを考慮すべきでしょう。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(マーケットView)「プロスペクト理論」に基づく基づくトレード心理について
マネースクエア主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※マネースクエアが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。