トルコリラ/円、「下落第2波」要警戒の時間帯

【注目ポイント】4時間足・先行2スパン(≒19.37円)サポート成否
【見通し】「19.37円」割れなら、「下落第2波」のトリガーとなる可能性も

トルコリラ/円の「下落第2波」を警戒すべき時間帯なのかもしれません。

上図では、1) 21日MA(移動平均線)が右肩下がりであること、2) 遅行スパンがローソク足の下方にあること、3) パラボリック・SAR(ストップ・アンド・リバース)がローソク足の上方にあること、そして、4) DMI(方向性指数)で-DI>+DIとなっていることからトルコリラ/円は典型的な下降トレンドを示すチャート形状となっています。

足もとでは、ローソク足とSARが接近しており、これからの時間において、仮にローソク足がSAR(≒19.98円、11日時点Bid値)にタッチした場合は、「SARの買いサインへの転換」→「一旦の下げ止まり」となる可能性も。

ただし、当該メルクマールが示現したとしても、基本的なトレンド指向は「下向き」であるため、当面のトルコリラ/円は戻り売りのポイントを探る相場展開となりそうです。

そんな中、「下落第2波」となり得るポイントを探る上で、チャートのタイムフレームを4時間足に移してみましょう。

上図では、1) 21MAが横向きであること、2) 遅行スパンがローソク足と絡み合う形となっていること、3) ローソク足の下方に青色の雲(=サポート帯)があること、4) パラボリック・SARがローソク足の上方にあること、そして5) SSTC(スローストキャスティクス)を構成する2本の線が「買われ過ぎ」を示唆する80%ライン付近にあることから、トルコリラ/円・4時間足チャートでは、上方硬直性を伴うレンジ相場を形成中であることが視認できます。

これからの時間において、着目(警戒)すべきメルクマールは以下の2点。

a) SSTCを構成する2本の線が80%ライン付近で交差し、その後右肩下がりとなる“デッド・クロス”が示現した場合。

b) ローソク足が終値レベル先行2スパン(≒19.37円、上図黄色矢印)を下回った場合。

上記a)b)が示現した場合は、トルコリラ/円の「下落第2波」のトリガーとなる可能性があるため、警戒が必要でしょう。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(マーケットView)「“鬼門”の1月相場!米ドル/円の重要変化日について
M2TV(マーケットView)「3分チェック!NYダウ、C波襲来に要警戒!

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。