トルコリラ/円にトレンド転換シグナルが出現!!

トルコリラ/円・日足チャートトレンド転換シグナルが出現しています。

上図チャートでは、1) 21日MA(移動平均線)が右肩下がりであること、2) 遅行スパンがローソク足の下方にあること、3) ローソク足が青い雲(=サポート帯)の中に入り込んでいること、4) パラボリック・SAR(ストップ・アンド・リバース)がローソク足の上方で点灯していること、そして、5) DMI(方向性指数)で-DI>+DIとなっている(上図青色点線丸印)ことから、トルコリラ/円は下降トレンド序盤を示すチャート形状となっていることが視認できます。

上図チャートの着目ポイントは3点。

まず1点目は、前述の通り、遅行スパンがローソク足を下放れする、いわゆる“逆転”となっていること。(上図黄色矢印) 当該メルクマールは、「約1ヵ月前(26日前)にトルコリラ/円を売買した市場参加者の取得レートに比べて、現在レートが下回っている」ことを示しており、同時期に売買した市場参加者にとって、「買い方不利、売り方有利」→「買い方の投げ売り、売り方の売り増し」のモチベーションを誘発するシグナルと言われています。よって、当該シグナルは【下降トレンドの起点】と捉えるべきでしょう。

2点目は、BB(ボリンジャーバンド)・±2σラインが21日MAに対して拡張する、いわゆる“エクスパンション”となっていること。当該メルクマールは、「現在のトレンドが強まるシグナル」と言われていることから、この場合は、これからの時間にかけての【下降モメンタムの強まり】を示唆していると捉えるべきでしょう。

そして3点目は、ADXが右肩上がり形状となっていること。DMIでは、前述の通り「-DI>+DI」となっており、その乖離が拡大する中で、ADXが右肩上がり形状となることは、「方向性の強まり」を示唆していることから、この場合は【下向き方向性の追い風/支援】のシグナルと捉えるべきでしょう。

その一方で、現状では、青色の雲の上下辺である先行1・2スパンに比較的大きな乖離、つまり強いサポート帯があることから、トルコリラ/円は一気呵成に下落するというよりは、青い雲の中をジリジリ下押しする相場展開が継続しそうです。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(マーケットView)「主要通貨ペアのチャート要点確認!」
M2TV(マーケットView)「3分チェック!トルコリラ/円 トレンド転換シグナルが示現か

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。