英ポンド/円、注目すべき2つのポイントは?

【注目ポイント1】遅行スパンの動向
【注目ポイント2】BB・-2σライン(≒143.80円)サポート成否
【見通し】「143.80円」割れなら、「141.00円」付近までの下押しも

ブレグジットを巡る問題が混迷を極める中、英ポンド/円は足もとの方向性を探る相場展開となっています。

上図チャートでは、1) 21日MA(移動平均線)が右肩下がりであること、2) 遅行スパンがローソク足と絡み合う状態となっていること、3) ローソク足が青色の雲(=サポート帯、先行スパン)の中で推移していること、4) ローソク足の上方でパラボリック・SAR(ストップ・アンド・リバース)が点灯していること、そして、5) DMI(方向性指数)で-DI>+DIとなっている(上図青色点線丸印)ことから、ポンド/円上方硬直性を伴うレンジ相場となっていることが視認できます。

上図チャートの注目ポイントは2点。

まず1点目は、遅行スパンの動向。(上図赤色矢印)

これからの時間において、仮に遅行スパンの先端部分がローソク足を下抜けブレークした場合は、「逆転シグナル」となり、下降トレンドの起点となる可能性があります。

そして2点目は、ローソク足とBB(ボリンジャーバンド)・-2σラインの関係。(上図黄色矢印)

これからの時間において、仮にローソク足がBB・-2σライン(≒143.80円)を終値ベースで下回る動きとなった場合は、「サポートライン割れ」→「下降モメンタムの強まり」となる可能性も。

上記2点が確認できた場合は、2/15に付けた安値である141.00円(上図青色三角印)付近までの下押しフローを想定すべきでしょう。

 

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(マーケットView)「注目の3.31 トルコ統一地方選挙!トルコリラの見通しは?」
M2TV(マーケットView)「4月1日号 『トラリピ1クリック ポイント解説!』」

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。