トルコリラ/円、「18.25円」までの下押しも?

【注目ワード】『N波動分析』
【見通し】N計算式に基づくと、「18.25円」までの下押しの可能性も

トルコリラ/円がジリジリと下値を試す相場展開となっています。

そんな中、トルコリラ/円の下値メドを探るために、エリオット波動理論における一つの分析手法である『N波動分析』を今回はピックアップしたいと思います。以下、『N波動分析』の概略図をご覧ください。

直近最高値を「A」、同安値を「B」、そして同二番高値を「C」とした場合、下値ターゲット「T」を求める式(N計算式)は、上図概略図に基づくと・・・【T=C-(A-B)】となります。これらを踏まえた上で、以下、トルコリラ/円・日足チャートをご覧ください。

上記チャートにおいて、直近最高値Aを「21.14円」(2/5)、同安値Bを「18.77円」(3/22)、そして、同二番高値Cを「20.62円」(3/27)として暫定カウントした上で下値ターゲット「T」を求めると、以下のような計算式となります。

 

T=C-(A-B)=20.62-(21.14-18.77)=18.25

 

以上より、『N波動分析』をベースとした計算式から求める、足もとのトルコリラ/円の下値ターゲット「T」は「18.25円」と想定します。

あくまで、理論上の推定値としてトレードにおける参考としていただければ幸いです。

 

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(マーケットView)「来る10連休、“フラッシュ・クラッシュ”に要警戒!」
M2TV(マーケットView)「3分チェック!ユーロ/円のハーフ&ハーフ戦略」

津田 隆光|マネースクエア チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。テクニカル分析をベースとしたレポートやセミナーとともに、動画コンテンツ M2TV「マーケットViewチャンネル」(木曜日担当)に出演中。 その他ではラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のマーケットスクエア」でコメンテーターを務める。