米ドル/円、徐々に下値を切り下げる相場展開となりそう

<投資戦略アイデア>

  • コアレンジ:108.50-110.70円をベースとする戻り売り戦略

上図チャートでは、1) 21日MA(移動平均線)が右肩下がりであること、2) 遅行スパンがローソク足の下方にあること、3) ローソク足の上方に赤色の雲(=抵抗帯、先行スパン)およびパラボリック・SAR(ストップ・アンド・リバース)があること、そして、4) DMI(方向性指数)で-DI>+DIとなっていることから、米ドル/円・日足チャートでは典型的な下降トレンドを示すチャート形状となっています。

また、BB(ボリンジャーバンド)・±2σラインが21日MAに対して拡張する“エクスパンション”が示現していることから、これからの時間にかけての米ドル/円は、多少の戻り(=短期的反発)も伴いつつ、徐々に下値を切り下げる相場展開が想定されます。

以上を概括すると、次週(5/13-17)における米ドル/円については、上値メド:BB・-1σラインを基準とする「110.70円」、下値メド:1/31時安値(上図青色三角印および黒色点線)を基準とする「108.50円」のゾーン(上図黄色四角枠)が主戦場になると想定します。よって、投資戦略アイデアとしては、当該ゾーン(=108.50-110.70円)をターゲットとする戻り売りを仕掛けるのも一案でしょう。

 

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(マーケットView)「重要変化日が到来!チャートの重要ポイントについて」
M2TV(マーケットView)「3分チェック!トルコリラ/円、下押し第2波に要警戒!」

 

津田 隆光|マネースクエア チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。テクニカル分析をベースとしたレポートやセミナーとともに、動画コンテンツ M2TV「マーケットViewチャンネル」(木曜日担当)に出演中。 その他ではラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のマーケットスクエア」でコメンテーターを務める。