米ドル/円、次の下値ターゲットは?

【注目ポイント1】「107.500円」割れ
【注目ポイント2】フィボナッチ・61.8%ライン割れ
【見通し】次なる下値ターゲットは「106.416円」

喫緊の重要ポイントと捉えられていた「107.500円サポート成否」ですが、米ドル/円は、20日の終値ベースで当該レートを下回る相場展開となっています。

この「107.500円サポート」に失敗した米ドル/円の次なる下値メドについて勘案するために、フィボナッチ・リトレースメントを使って確認してみましょう。

ここもとの相場状況は、1月3日のフラッシュクラッシュ時安値L(=104.580円)と4月24日の高値H(=112.360円)を結んだフィボナッチ・リトレースメントの50.0%ライン、いわゆる“半値押し”水準(≒108.470円、上図黒色線)を意識しながら上下する相場展開(上図黄色丸印)となっていましたが、20日時点で同61.8%ライン(≒107.552円、上図青色線)を下回る動き(上図赤色丸印)となっていることが視認できます。

足もとの重要ラインであるフィボナッチ・リトレースメントの61.8%ライン(≒107.552円)を割り込んだ際の次なる下値ターゲットは・・・同76.4%ライン(≒106.416円、上図赤色線および黄色矢印)。

6月に入り、フィボナッチ・リトレースメントの61.8%から同50.0%ラインの間のゾーンである「107.552~108.470円」をコアレンジとしていた米ドル/円ですが、これからの時間は、同76.4%ライン~同61.8%ラインの間のゾーンである「106.416~107.552円」に下方スライドし、当該レンジを“主戦場”とする相場展開となりそうです。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(マーケットView)「日米ポリシーミックスと米ドル/円の見通しについて」
M2TV(マーケットView)「3分チェック!メキシコペソ/円の次週(6.24-28)投資戦略について」

津田 隆光|マネースクエア チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。テクニカル分析をベースとしたレポートやセミナーとともに、動画コンテンツ M2TV「マーケットViewチャンネル」(木曜日担当)に出演中。 その他ではラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のマーケットスクエア」でコメンテーターを務める。