[資源・新興国通貨3/25-3/29の展望] 豪ドル:失業率の改善はプラス材料。米中通商協議に注目

本稿では、個人投資家の関心が高い、資源・新興国通貨の来週を展望します。

豪ドル

豪州の2月雇用統計(3/21発表)は、雇用者数が前月比0.46万人増、失業率が4.9%でした。雇用者数は市場予想の1.40万人増を下回ったものの、失業率は市場予想に反して1月の5.0%から改善し、2011年6月以来、約8年ぶりの低水準を記録しました。

RBA(豪中銀)は豪景気の先行きについて楽観的な見方を示していますが、その理由として堅調な労働市場が挙げられます。そのため、失業率が改善することは、利下げの可能性の低下を示唆します。今回の失業率の結果は、豪ドルにとってプラス材料です。

ライトハイザーUSTR(米通商代表部)代表やムニューシン米財務長官が3月28-29日に訪中し、中国側と通商協議を行う予定です。豪ドルは米中通商協議に関する報道に注意が必要です。米中通商協議が進展するとの期待が高まれば、豪ドルの上昇要因になる可能性があります。

NZドル

RBNZ(NZ中銀)が3月27日に政策金利を発表します。政策金利は現行の1.75%に据え置かれるとみられ、焦点は声明で金融政策の先行きについて新たな材料が提供されるか?になりそうです。

RBNZは前回2月13日の会合で、「政策金利の次の方向性は、上向きか下向きの可能性がある」と表明。国外経済のリスク増大を指摘しつつも、NZ経済については「世界的に(成長の)勢いが弱まっているにもかかわらず、低金利や政府支出がNZのGDP成長率が2019年に上向くのを支援する」とし、楽観的な見方を示しました。

NZの2018年10-12月期GDP(3/21発表)は前期比+0.6%と、RBNZの見通しである+0.8%を下回りました。GDPの結果はRBNZに政策スタンスの変更を迫るほど弱くないと考えられますが、3月27日の声明ではNZ経済について慎重な見方が示される可能性があります。その場合、NZドルは上値が重い展開になりそうです。

NZドルはまた、豪ドルと同様、米中通商協議に関する報道にも注意が必要です。

カナダドル

WTI先物(原油価格)は3月21日、一時1バレル60ドル台へと上昇し、約4カ月ぶりの高値を記録しました。足もとの原油高の背景には、米国による経済制裁によってイランやベネズエラからの原油供給が減少するとの観測や、OPEC(石油輸出国機構)が非加盟国との協調減産を少なくとも6月まで継続するとの観測があります。原油価格は当面、堅調に推移する可能性があり、そうなればカナダドルも底堅い展開になりそうです。

原油価格の動向のほか、カナダの2月CPIや1月小売売上高(22日)1月GDP(29日)もカナダドルの材料になる可能性があります。

トルコリラ

トルコリラは、米国とトルコの関係に注意が必要です。エルドアン・トルコ大統領がS-400(ロシア製の地対空ミサイルシステム)を購入する方針を示していることに対し、米国はトルコがS-400を購入すればF35戦闘機の供給を停止することを示唆。両国の関係が悪化しています。関係のさらなる悪化につながるニュースが新たに出てきた場合、トルコリラには下落圧力が加わる可能性があります。

トルコ政府は3月21日、自動車などを対象とする減税措置の延長を発表しました。3月31日までとしていた減税期限を自動車・商用車・家電が6月30日まで、家具・住宅などは12月31日まで延長します。

トルコの統一地方選が3月31日に行われます。市場では、統一地方選にAKP(公正発展党)が敗れれば、エルドアン大統領はバラマキ的な政策を強化するとの懸念があります。減税措置の延長によって市場はその懸念を一段と強める可能性もあります。

南アフリカランド

SARB(南アフリカ中銀)が3月28日に政策金利を発表し、米格付け会社のムーディーズが29日に南アフリカの格付け見直しを発表します。

政策金利は現行の6.75%に据え置かれるとみられ、クガニャゴ総裁の会見では政策金利を当面据え置くことが示唆されると考えられます。その通りになれば、南アフリカランドに大きな反応はみられないかもしれません。

ムーディーズにおける南アフリカの現在の格付けは、投資適格級最低の“Baa3”。仮に格下げされれば、ジャンク(投機的等級)へと転落します。29日の見直し発表に向けて、南アフリカランドは格付けをめぐる観測に左右される可能性もあります。

エスコム(南アフリカの国営電力会社)が18日に計画停電を再開しました。計画停電は18日から連日実施されており、22日も行われる予定です。計画停電の実施は南アフリカランドにとってマイナス材料です。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(マーケットView)『豪ドル:相場状況の確認&今後の見通し』
マネースクエア主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※マネースクエアが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます

八代 和也|マネースクエア シニアアナリスト

八代 和也

2001年ひまわり証券入社後、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクエアに入社。 豪ドル、NZドル、カナダドル、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソについて分析し、マネースクエアのWEBサイトにてレポート(「ウィークリー・アウトルック」、「デイリー・フラッシュ」など)配信のほか、動画コンテンツ「M2TV」出演、セミナー講師を務めている。