[資源・新興国通貨5/13-17の展望]トルコ中銀がリラ下支えに動く

本稿では、個人投資家の関心が高い、資源・新興国通貨の来週を展望します。

トルコリラ

TCMB(トルコ中銀)は5月9日、1週間物レポ入札を中止し、ROM(準備選択メカニズム)の外為ファシリティーの上限を40%から30%に引き下げると発表。トルコリラの下支えに動きました。

1週間物レポ金利(現在24.00%)を用いた資金供給が中止されることによって、市中銀行はより金利水準の高い翌日物貸出金利(25.50%)を利用して資金調達を行う必要があり、事実上の利上げと見なすことができます。

外為ファシリティーの上限が引き下げられることによって、市場からトルコリラが吸収される一方、外貨が市場に供給されます。TCMBによると、この措置によって72億トルコリラが吸収され、28億米ドルが供給されるとのことです。

1週間物レポ入札の中止や外為ファシリティーの上限引き下げによって、トルコリラはいったん下げ止まるかもしれません。ただ、米国とトルコの関係悪化TCMBの外貨準備高減少への懸念イスタンブール市長選の再選挙(6/23実施)など、足もとのトルコリラ安の背景となっている材料は残存しています。それらが残存する限り、トルコリラはいずれ下落する可能性があります。

豪ドル

RBA(豪中銀)は5月7日、政策金利を過去最低の1.50%に据え置きました。声明では、「経済には依然として余剰生産能力があり、インフレが目標と一致するには労働市場のさらなる改善が必要」との認識が示されました。

RBAは利下げが適切になる条件として、これまで「インフレ率が低水準にとどまり、失業率が上昇を続けるなら」としていました。利下げの条件は“失業率が悪化すれば”から“失業率が改善しなければ”へと変化したため、利下げのハードルは下がったと言えそうです。

豪州の4月雇用統計が5月16日に発表されます。失業率が3月の5.0%から悪化した場合、市場ではRBAの早期利下げ観測が高まり、豪ドルに対して下落圧力が加わる可能性があります。

米中貿易協議の結果も豪ドルに影響を与えそうです。両国の貿易摩擦の激化は、豪ドルにとってマイナス材料です。

NZドル

RBNZ(NZ中銀)は5月8日、0.25%の利下げを決定。政策金利を1.75%から過去最低の1.50%へと引き下げました。利下げは2016年11月以来です。

RBNZはまた、四半期に一度の金融政策報告を公表。OCR(政策金利)は2020年1-3月期に1.4%へ低下した後、2021年7-9月期から上昇に転じるとの見方を示しました。政策金利は今回の利下げによって1.50%になったため、RBNZは来年にかけてさらに1回の利下げを想定していると見なすことができそうです。市場では利下げ観測が今後も残るとみられます。

豪ドルと同様、米中貿易協議の結果がNZドルに影響を与えそうです。両国の貿易摩擦の激化は、NZドルにとってマイナス材料です。

カナダドル

ポロズBOC(カナダ中銀)総裁は5月1日、「カナダ経済がさらされている逆風が後退すれば、政策金利は上昇する」と述べ、「現在の政策金利は依然として低い」と語りました。BOCは4月24日の会合で利上げバイアスを撤回し、政策金利を当面据え置くことを示唆しました。ただ、ポロズ総裁は“次の政策変更は、利上げの可能性の方が高い”と考えているようです。

カナダの4月雇用統計が5月10日4月CPI(消費者物価指数)が15日に発表されます。それらが堅調な結果になったとしても、BOCがただちに利上げに動くことはなさそうですが、市場では“BOCの次の一手は利上げ”との見方が高まる可能性があります。その場合、カナダドルの上昇要因となり得ます。

カナダドルについては、 原油価格の動向にも目を向ける必要があります。米WTI先物は足もと1バレル=60米ドル台前半で上下動を繰り返し、方向感を失いつつあります。原油価格に方向感が生まれた場合、カナダドルに影響を与える可能性があります。原油高はカナダドルにとってプラス材料です。

南アフリカランド

南アフリカの総選挙が5月8日に行われました。開票率約70%(日本時間10日午前7時頃)の時点で、得票率は与党ANC(アフリカ民族会議)が約57%、野党第1党のDA(民主同盟)が約23%、第2党のEFF(経済的解放の闘士)が約10%となっています。ANCの議席は前回の249から減少するものの、過半数(201議席)は維持するとみられます。選挙の公式結果は11日にも発表される見込みです。

ANCが余裕をもって過半数を維持すれば、政治の先行き不透明感が払しょくされそうです。その場合、南アフリカランドにとってプラス材料と考えられます。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(マーケットView)『豪ドル:RBA会合の結果と見通し』
マネースクエア主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※マネースクエアが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます

八代 和也|マネースクエア シニアアナリスト

八代 和也

2001年ひまわり証券入社後、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクエアに入社。 豪ドル、NZドル、カナダドル、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソについて分析し、マネースクエアのWEBサイトにてレポート(「ウィークリー・アウトルック」、「デイリー・フラッシュ」など)配信のほか、動画コンテンツ「M2TV」出演、セミナー講師を務めている。