マーケット

原油価格の下げでチェックしておきたい市場とは?

【著者】

原油価格の下落が続いています。専門家からは「1バレル=40ドル割れも」、あるいは、「20ドルまで下げる」との声が聞こえており、下値メドがはっきりしないことから株式市場の下落にも繋がっています。原油価格の下落に伴いファンドの閉鎖に追い込まれたところも出始めているようです。また、米シェール企業の破産に関するニュースも年明け早々伝わっています。

米シェール開発会社には中小の企業が多く、高い開発費の手当を借入・社債に頼ることになります。中小企業は借入の制限も厳しく、そこで資金調達の手段として利用されるのが、ハイイールド債(信用の問題から借入金利が高くなります)の市場となります。一部の債券にはプライスの立たないものも出始めていると囁かれており、本格的にハイイールド債の市場が崩れるようだと、一段のリスクオフに繋がりかねないだけに目が離せませんが、下記チャートを確認すると、大きな崩れになるようには思えません。とは言え、原油価格の下げが落ち着くまではしっかりとチェックしていきたい市場と言えそうです。

<資料1>ハイイールド債の推移
ハイイールド債
出所:stockchart.com

<資料2>NYダウ18日移動平均線±3%推移
NYダウ
出所:Bloomberg

「全国セミナープロジェクト2014-15」 名古屋セミナー 〆切間近!
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2373
※当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

当社提供番組(ラジオ)
ラジオ日経 ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア(毎週金15:10~16:00)
http://market.radionikkei.jp/fxms/

マネースクウェア・ジャパン 市場調査部 チーフアナリスト|津田隆光様ご寄稿記事
bn_350_80

比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!