今日はドル円・ポンド円・豪ドル円は買いから。ユーロドル・ユーロ円・NZ円は売りで

7月13日の概況

お早うございます。
朝4時45分で、既に暑くなる予感がビシビシきていた朝のわんこ散歩でした。昼間に散歩させられているわんこを見ると肉球火傷しないかな?って思っちゃいます。
朝からこの暑さでは東側の雨戸は閉めておかないとエアコンが効きません!

さて、熱いと言えば昨日のメルケルの豪腕!完勝でした。何も譲らず、当然債務再編などもっての外。法制化しなければ、協議すらしない条件付き基本合意です。ツィプラス首相は国民投票をして条件闘争を有利に運ぼうとした(もしかしたら脅しで使っただけで、当初は国民投票などやる気が無かった可能性も。または自分で責任が取れないから国民に丸投げ)ものの、結局何もEUの譲歩は引き出せず、かえって国民が60%も緊縮案に反対と言う状況でもEUの言う通り全面降伏で緊縮を法制化してまで言い分を受け入れる状況に追い込まれており、完全に交渉の失敗でした。

15日までに債権者に約束してしまった法制化がうまく行かなかった場合にはまず流動性が枯渇してギリシャの銀行が破綻、ドイツの言うように一時的にユーロを離脱しなければならない事態に追い込まれる危険性がまだ残っています。ドイツやオランダなどの国では議会の承認が交渉開始時に必要とされていますが、ギリシャが法制化出来れば大きな問題にならないと思います。

ユーロは1.0996昨日のNY安値を割って下落。売り圧力が強いですが、金融緩和を進める低金利のユーロで資金を調達して、これを運用する外貨に交換して運用益を狙う『ユーロキャリートレード』が活発になれば、ユーロ売り圧力が強まる可能性、さらにドルの利上げがギリシャが落ち着くようなら年内でも前倒し気味に9月の可能性が高まるという思惑から来るドル買い、ドル円の下値が固く目先レンジでも上値を目指しそうという相場観などからドルの下値が固そうです。
今日既に123.537→628、597→632と2回転しましたが、押しはまだ拾う予定です。

ユーロドルは1.1010台売りイメージしてましたが、売りそびれて諦め中です・・・。
ま、仕方ないです。昨日お伝えしたように、目先中国の株式は下らずと言って4500には届かず高値圏で揉み合いになりそう。株式急落から来るリスクオフと言う概念はしばらく封印。ユーロドルの戻りは売りたいです。ドル円も押し目は買いたいです。
本日もよろしくお願いいたします。

あ~、暑くて脳みそ、溶け出しそうだ・・・。エアコン、古いから効きが悪いのかな?
(元は結婚した息子の部屋。)暑い・・・

7月14日 短期売買方針

<ドル円 買い>
ドル円は123.400、123.300で買いから。123.100にストップを置きながら、123.750、123.850で利食いする回転をイメージ。
レンジ 123.250(123.400)–(123.750)123.850

<ユーロドル 売り>
ユーロドルは 1.10200、1.10300で売りから。ストップは1.10550に置きながら、1.09650、1.09500で買い戻す回転。
レンジ 1.09500(1.09650)–(1.10200)1.10350

ユーロ円 売り>
ユーロ円は 136.280、136.400で売りから参入する。ストップは136.650に置きながら、135.650、135.500で買い戻しする回転。
レンジ 135.500(135.650)–(136.280)136.400

ポンド 買い>
ポンド円は191.050、190.950で買いから。ストップは190.650に置きながら、191.650、191.800で利食いする回転。
レンジ 190.900(191.050)–(191.650)191.800

対ドルは1.54650、1.54500で買いから。ストップは1.54300に置きながら、1.55150、1.55350で利食いする回転をイメージ。
レンジ 1.54500(1.54650)–(1.55150)1.55350

豪ドル 買い>
豪ドル円は 91.400、91.300で買いから。ストップは91.100に置きながら、91.900、92.000で買い戻しを図る方針。
レンジ 91.300(91.400)–(91.900)92.000

対ドルは 0.74050、0.73950で買いから。ストップは0.73800に置きながら、0.74550、0.74650で利食いするイメージ。
レンジ 0.73950(0.74050)–(0.74550)0.74650

<ニュージードル 売り>
ニュージー円は82.850、83.000で売りから。ストップは83.250に置きながら、82.300以下、82.200で買い戻しする回転をイメージ。
レンジ 82.200(82.300)–(82.850)83.000

対ドルは0.67000 0.67150で売りから。ストップは0.67400に置きながら、0.66500、0.66350で買い戻す回転。
レンジ 0.66350(0.66500)–(0.67000)0.67150

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役