ドル円・ユーロ円・豪ドル円は買い。ユーロドル・ポンド円・ニュージー円は売りとまちまち

8月6日の概況

お早うございます。今日も朝から太陽さん全開です!
朝6時前で既にじりじり照り付けてる!もういい加減うんざりです。

さて、相場の方も昨日はうんざりされた方、多そうですね。ドル円は124.96までタッチしたものの、上値追い出来ず125.00には届かず。 NY原油が一時44.20ドルまで下落(引け44.66-0.49)し、米長期債10年の利回りは2.216%まで低下。ドル円は連れて下落した格好。
午後9時半発表の新規失業保険申請件数が予想27.2万件が27.0万件と出て瞬間的にドル買いとなったが125.00に届かなかったことで、俄 かロングが失望売りを出して反落。途中から金利低下の材料からドル円は売り気が強まり、アジア安値の124.70割れからさらに軽いストップも出て 124.55安値をタッチ。その後戻しても124.80には届かず、今も高値は124.764ビッドまで。

ええ加減にせえよ!と言いたいポンド!。事前予想がマカファーティ以外にウィール、マイルズ委員も利上げ票を入れる可能性が指摘され、7対2、も しかしたら6対3か?と期待したところ・・・ 
8対1。あれ~。ポンドは急落。
インフレ報告で物価見通しが下方修正されたことが嫌気されたが、原油価格が 下がってきているため、インフレは落ち着いている(カーニー総裁)という状態であり英ギルト債は10年物は1.915%レベルまで下落した。ポンド円は高 値195.257から193.128まで急落し戻れない動きで、ロングが取り残された可能性がありそうです。

今晩の雇用統計待ちの相場で、今日こそ小動きでしょうが、雇用の改善は進んでおりドル買い意欲は根強いと考えています。8月3日以降 ドル円安値 は123.85、123.80、124.02、124.55と着実に上がっており123円台で買いを指していて買えていない参加者がビッドアップしてきている可能性、さらに米系ファンドがOut of the money のドルコールを仕込んでいることもドル円の下値を固くしている一因でしょう。

124.50が割れたら俄かロングの投げはあるかもですが、それよりも押し目買いが123円台から上がってきているイメージなので124円台前半から123.80にかけて買い場を探したいですね。
日中は英気を養う意味で、基本は様子見です。

8月7日短期売買戦略

<ドル円 買い>
ドル円は124.600、124.500で買いから。ストップは124.300に置きながら、124.900、124.950で利食いするイメージです。
レンジ 124.450(124.650)–(124.850)124.950 
作成時 124.776-779 10:56AM

ユーロドル 売り>
ユーロドルは1.09450、1.09600で売りから参入する方針。ストップを1.09800に置きながら、1.08850、1.08600で利食いする回転をイメージしました。
レンジ 1.08500(1.08800)–(1.09450)1.09600 
作成時 1.09255-260 10:57AM

ユーロ円 買い>

ユーロ円は136.050、135.900で買いから参入する方針。135.700でストップを入れながら136.450、136.550で利食いする回転をイメージします。
レンジ 135.850(136.000)–(136.450)136.550 
作成時 136.309-317 10:58AM

<ポンド 売り>
ポンド円は一般的には193.75-80から上が重たくなっているだろう。194.100にストップを置きながら、戻り売り。193.850、193.950で売りから。193.350、193.250で買い戻しをイメージします。
レンジ 193.250(193.350)–(193.850)194.000 
作成時 193.528-541 11:47AM

対ドルは1.55874時間足の雲の下で引きつけて戻り売りから。1.55500打診売り、1.55650で売りから。ストップは1.55950に置きながら、1.54850、1.54700で買い戻しを図る方針。
レンジ 1.54700(1.54850)–(1.55500)1.55800 
作成時 1.55058-071 11:31AM

豪ドル 買い>
豪ドル円は大きく時間足の雲を上に抜け、遅行スパンも実体を上抜け。目先の動きは買い先行と判断。91.650、91.550で買いから、ストップは91.200に置きながら、92.150、92.250での利食いを考えたい。
レンジ 91.500(91.650)–(92.150)92.250 
作成時 92.037-046 11:51AM

対ドルは時間足で見てボリンジャーバンドのセンターラインが上向きとなり、時間足の雲を上に抜けてきました。0.73400、0.73300で買いから参入する方針。ストップは0.73000に置きながら0.73950、0.74050で利食いをイメージ。
レンジ 0.73200(0.73400)–(0.73950)0.74050 
作成時 0.73761-773 11:33AM

<ニュージードル 売り>
ニュージー円は82.050、82.150で売りから。ストップを82.400に置きながら、81.350、81.200で買い戻す回転をイメージしました。
レンジ 81.200(81.350)–(82.050)82.150 
作成時 81.720-734 11:59AM

対ドルは下落トレンドは続いているがそろそろ反転が近いかもしれない。一応は注意。
0.65800、0.65900で売りから。ストップは0.66150に置いて、0.65200、0.65100で買い戻しをかける回転をイメージしました。
レンジ 0.65100(0.65200)–(0.65800)0.65900 
作成時 0.65440-457 11:34AM

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役