ユーロドルは買い。ドル円・クロス円はすべて売りから

【著者】

8月25日の概況

お早うございます。朝方冷たい雨が降り次第に横殴りに。半そで、半ズボンでうかつに外に出ましたが、短時間でも震えま した!こりゃ、朝のわんこ散歩は中止!とひざに乗せて頭なでてしばらくしたら、落ち着いて散歩モードじゃなくなったのでラッキ~。
しかし・・・NYの株式 の最後の下落がえぐい!

中国の追加金融緩和を好感して欧州の株式が軒並み大幅プラスとなりましたが、NYダウは+441.59まで上がったものの、引け前1時間から急落 し-204.91で引けるなど地獄のような値動き。当然昨日の流れだったら買いから入ると考えるのが当たり前の動きでしたから。
16200ドルからのダイブでドル円も119.80台から118.60へ。ユーロドルは1.1420から1.1537へ!。クロス円、特に資源国通貨が急落しました。明らかにまたリスクオフです。

先ほど一瞬118.50を割り込んで下落したドル円が9時から全く流れが判っていないような買い方で118.73と上がって来ました。 どのチャート、どの流れを見たら、慌てて118.73まで買い上がらなくちゃいけないのか理解不能ですが、相場を押し上げる(為替ではなく、日経平均株価を支えるために)ため。あとは、外物を買うために・・・
あ~、118.88って、私の理解を越えてます!アホか!!!

118.50割れまで売り込んだ連中の投げの買戻しも出てしまうから118.90台乗せましたが、跳ねたら売りでしょう!売れてないけど。
118円台で本邦実需は買いを出してくると思うので、118.50以下、118.20にかけては実需の買いが並ぶと思います。昨日朝8時以降は118.40 からすぐ上がってしまったから押し目は買うはずです。

でも120.40からの下落もあって119円台がNYで重たく、結果として下げてきたので、慌てて買い上がる必要はないから118.60、118.50、118.35、118.20と買い下って行けば実需はOKだと思います。社内レートや損益分岐点から見ても120円以下117円や118円はとっても美味な、よだれ出る水準だと思うので、ここは実需は買いでいいのでしょう。

しかし 投機筋は今日は売りたくて仕方ない。変な年金のような買いが出てこなかったら118.80でも売りでしょう。ただし118.50割れから瞬間118.92 までパニクり買いした動きがあるから、売るのためらうと118.72だ!上がってきたら売る方針とし、確実に買い戻し。
または朝方だけ、 押し目買いスキャル回転させるかです。118.76!上がるなら、すぐ上がれ!(118.698買いを118.725で利食いした後なので。笑い)

相場が荒れています。ただし、年金のような買いが入らなかったら、本来なら今日は落ちる相場です。トレーディングベースでは、正直売りから入りたいところです。

回転は売りのほうが回せそうですが、いきなりアホな相場の流れが読めない(SNYと略せばいい?)買いが出てきたら死亡ですから難しいところで す。
今動いてるので怖いですが、本当はスキャのやり時ですが・・・、事務に行こう じゃない、移行します!気持は売りからですが、指値が難しい。

本日もよろしくお願いいたします。

ドル円 売り

ドル円は119.200、119.300で売りから。買い戻しは118.450で。ストップは119.500に置きます。スキャルは売り回転に徹します。
レンジ 118.450(118.600)–(119.250)119.350 作成時 119.145-148 10:57AM

ユーロドル 買い

ユーロドルは1.14750、1.14600で買いから。リスクオフでもう一回買い上がる展開をイメージ。1.14350にストップを置きながら、1.15750、1.16000で利食いするような回転をイメージ。
レンジ 1.14500(1.14700)–(1.15750)1.16000 作成時 1.15203-208 11:01AM

ユーロ円 売り

ユーロ円は137.600、137.750で売りから。ストップは137.950に置きながら、136.800、136.700で買い戻しを行う方針。
レンジ 136.650(136.800)–(137.600)137.750 作成時 137.287-298 11:07AM

ポンド 売り

ポンド円は時間足雲下限187.426、時間足ボリバンセンターライン187.833ゾーンを引きつけて売りから。ストップは187.900に置き、利食いは186.250、186.100をイメージしました。
レンジ 186.100(186.250)–(187.400)187.800 作成時 186.858-877 11:33AM

対ドルは1.57220、1.57350で売りから。ストップは1.57550に置きながら、1.56650、1.56550で買い戻す回転をイメージ。
レンジ 1.56500(1.56650)–(1.57200)1.57350 作成時 1.56937-949 11:15AM

豪ドル 売り

豪ドル円は引きつけて85.400時間足雲下限、85.590のボリンジャーバンド時間足センターライン)で売りから。ストップは85.900に置きながら、84.250、84.000で買い戻しをかける回転をイメージ。
レンジ 84.000(84.250)–85.400(85.600)作成時 84.740-749 11:39AM

対ドルは0.71650、0.71800で売りから。ストップは0.72150に置きながら、0.71000、0.70800で買い戻しをかける売り回転。
レンジ 0.70800(0.71000)–(0.71700)0.71800 作成時 0.71383-395 11:16AM

ニュージードル 売り

ニュージー円は77.700、77.800で売りから参入する。78.150でストップを置きながら76.80、76.650で買い戻しを図る。
レンジ 76.650(76.800)–(77.700)77.850 作成時 77.305-319 11:53AM

対ドルは上値が重たくなる展開で、0.65350、0.65450で売り参入する方針。ストップは0.85700に置きながら、0.64600、0.64500で買い戻しを行う方針。
レンジ 0.64500(0.64600)–(0.65350)0.65500 作成時 0.65031-048 11:19AM

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役