今日もユーロドルは売り ドル円・クロス円はすべて買いから

8月27日の概況

お早うございます。今朝は大山が雲でかすんで、墨の濃淡で描く中国の墨絵のようになっていました。大山に雲がかかっているとかなりの確率で私の地方は雨が降るのでみんな傘を持って出かけます。急速に秋の気配が近づいている感じ。
あまり残暑なくてもいいですよね。今年は気温だけ、充分堪能させていただきましたので!

さてさて、アジア時間に上海株式が急激に戻し+5.34%で引けたことで、午後3時半からドル円が急激に上がって、市場でドルショートが捕まったことが昨日の爆上げの遠因となっています。120.55まで吹き上がった相場はNYで朝方120.15まで下りましたが、GDP改定値が予想+3.2%から+3.7%に上方修正され、新規失業保険申請件数は予想27.4万件が27.1万件と下回ったこと。さらにアジア株式が上昇したことで、欧州の主要株式が上昇、NYでも株式が堅調推移となり、NY原油先物が10月限が38.60ドルから10%以上急騰し+3.96ドルとなって42.56ドルで引けたこと。これらを受けて安全資産で一昨日まで買われていた米長期債が売り戻されて10年債利回りは2.205%まで急騰、これもドル買戻しに繋がる展開となりました。

120.15まで下げていたドル円は、NYで指標発表直後からドル買いとなって120.64レベルへ。神経質に揉んでいましたが、120.80を抜けてストップをヒット。121.00円台にあったストップも一気に引っ掛けて121.40まで跳ね上がる展開となりました。ただしジョージ・カンザスシティ連銀総裁の発言や前日のダドリーNY連銀総裁の発言から9月利上げに慎重なスタンスが読み取れることから一層のドル買いには繋がらず、利食いに押されて今度は俄かドルロングが120.51まで投げさせられる展開となりました。
引け直前に121.10レベルまで戻し、シドニー時間からの高値は121.212。下れば買いたいスタンス(120.65-55ゾーン)の実需や短期筋も多そうです。

200日移動平均線が120.733にきており、120.65-55までは下りにくい印象ですが、上値も121.50は相当重たそうで買いから入るにしても120.80-70がいいところかなと考えています。利食いは121.30手前で。121円台前半ではロングのシコリが残っているかもしれないので押し目で買うつもりのロングは一旦利益確定しようと思います。
本日もよろしくお願い申し上げます。
今のところカウンター気味の「跳ねたら売る」作戦は今日は行いません。押しを拾う作戦で行きたいと思います。

<ドル円 買い>
ドル円は120.850、120.750で押しを待って買いから参入する方針。ストップは120.480で置きながら121.200、121.300でロングは確実に利食いする方針。
レンジ 120.700(120.850)–(121.200)121.300 
作成時 121.085-088 10:26AM

ユーロドル 売り>
ユーロドルは ユーロドルはリスクオフが終わって価格が上昇し始めると再びユーロキャリートレードに絡むユーロ売りが出始めると判断。戻り売りが出てきそうなイメージです。1.12750、1.12850で売り参入。ストップは1.13100に置きながら、1.12150、1.12050で利食いをイメージします。
レンジ 1.12000(1.12150)–(1.12750)1.12950
作成時 1.12414-419 10:27AM

ユーロ円 買い>
ユーロ円は引きつけて135.830、135.720で買いから。ストップは135.490に置き、136.350、136.450で利食いをイメージしています。
レンジ 135.650(135.800)–(136.350)136.500 
作成時 136.125-133 10:31AM

ポンド 買い>
ポンド円は186.300、186.200で買いから。時間足ボリンジャーバンドセンターラインに絡む水準で買いから。時間足雲下限185.838割れの185.800で損切りを置く。利食いは187.000、187.100でイメージします。
レンジ 186.150(186.300)–(187.000)187.150 
作成時 186.806-819 11:31AM

対ドルは1.54240にある時間足ボリンジャーバンドのセンターラインを下から抜きそうなんですが、引きつけて待って1.54880、1.54980で売り。ストップを1.55350に置き、1.54000、1.53800で利食いする回転をイメージ。
レンジ 1.53800(1.54000)–(1.54900)1.55000 
作成時 1.54217-229 11:06AM

豪ドル 買い>
豪ドル円は 時間足ボリンジャーバンド センターライン86.460にかけて86.600から下を買い場探し。ストップは86.250に置きながら、87.350、87.450で利食いするような回転を考えています。
レンジ 86.400(86.600)–(87.350)87.450 
作成時 87.031-040 11:31AM

対ドルは 0.71600にある時間足雲の上限とボリンジャーバンドのセンターラインが重なったところを支えに0.71700、0.71600で買いから。ストップを0.71350に置きながら、0.72300、0.72400で利食いをイメージ。
レンジ 0.71500(0.71700)–(0.72300)0.72400 
作成時 0.71926-938 11:08AM


<ニュージードル 買い>

ニュージー円は78.230、78.130と時間足 ボリンジャーバンドセンターラインをバックに買いから参入する。ストップは77.800に置きながら、78.800、78.900で利食いする回転を考えました。
レンジ 78.000(78.250)–(78.800)78.900 
作成時 78.582-596 11:32AM

対ドルは0.64680に現在位置する時間足ボリンジャーバンドのセンターライン、ならびに時間足の雲(0.6485~0.6452)をサポートに買いから。
雲の下抜けでロングは切る方針。0.64750、0.64680で買いから。ストップは0.6440に置き、0.65480、0.65600で利食いをイメージ。
レンジ 0.64600(0.64750)–(0.65480)0.65600 
作成時 0.64906-923 11:11AM

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役