本日はドル円・ユーロドル・クロス円はすべて売りから

9月23日の概況

お早うございます。昨日の深夜(本日未明)の散歩の時から、「冷えてるな・・朝は長袖・長ズボンだな」と思ったので、 それで出かけましたが、夏用のジャージだったので、メッシュでは、スースーして寒いぐらい。そういえば9月下旬ですもんね。虫の声が例年に比べて少ない なぁと思います。夏の暑さに 耐え切れなかったのでしょうか。

昨晩、帰ってからのわんこ散歩の後で家で見た120.544から120.051までの下落、もう参加出来ないと思い寝ましたが、今みたらそのレンジは逸脱してないんですね。休み明けで仲値不足の思惑はありますが、実際には仲値が不足するのは明日、もしくは28日の方が仲値が不足するだろうと(貿易実需の中で輸入の観点からみたら)思います。まあ、それ以上に輸出の持込があれば、仲値余剰になってしまいますけど。さて、昨日の出来事、もう少しチェックしてきますね。ではまたのちほど。

仲値なんて無いでしょ?今日は。輸入ユーザンス決済なら考えられますけど。
だって今、まだ外国事務センターに郵便物が届いてないでしょ!まだ銀行の総務部のメールセンターで、「いっぱいあんな~」とか言っておっさんたちが仕分けしているはずですよ。連休中に届いた輸入書類はね。
ただし共済の買い遅れは時限性があるので、ガンガン買って来る可能性が。

本日基本は跳ねたらドル円は売りで。ただし早めに回転させたい。 買い遅れている3共済がドル円買い・日経平均買いに動き相場水準を押し上げる可能性があるためです。

120.394買いまでさっき跳ねたんですね。もっと上まで買うかと思い、売りを見逃してしまいました。

仲値なんて無いでしょ?今日は。→ 今日は仲値が無いのですか?という質問がありました。
すみません、言葉が足りてませんでした。理論的に考えて 連休明けだからといって実需の輸入企業による仲値の不足は無いと言いたかったんです。特殊玉の仲値買いは考えられますが、貿易実需の買いは今日はないと。

輸出の持ち込みはもっと無い。輸出なんて持込があるはずが無い。物を保税倉庫へ。乙仲に連絡して書類作って、船会社と連絡とって、船積み準備、終わって保険かけて、乙仲から来たパッキングリスト、インボイスと手形が揃って初めて銀行に買取を持ち込める。
連休で役所・船会社・保険が休みだったから、 月内にドキュメンツが出来上がって銀行に持ち込めたら早いほうでしょ、連休のずれ込み分は。
今日持ち込むとしたら、18日午後~夕方に書類が上がって買取 が間に合わなかった分だけですね。今日は戻り売りに徹しましょう!

9月24日 短期売買方針

<ドル円 売り>
ドル円は120.450、120.550で売りから。ストップは120.700に置きながら、119.950、119.850で買い戻しをイメージ。利食いは120.050から意識していいような気がします。
レンジ 119.850(119.950)–(120.450)120.550 
作成時 120.240-242 10:47AM

ユーロドル 売り>
ユーロドルは1.12250、1.12400で売りから。ストップは1.12550に置きながら、1.11200、1.11100で買い戻しする回転をイメージ。
レンジ 1.11100(1.11200)–(1.12250)1.12400 
作成時 1.11698-703 10:51AM

ユーロ円 売り>
ユーロ円は134.650、134.750で売りから。ストップは135.000に置きながら、133.850、133.600で買い戻しする回転をイメージ。
レンジ 133.600(133.850)–(134.650)134.750 
作成時 134.240-247 10:52AM

ポンド 売り>
ポンド円は183.550、183.650で売りから。ストップは183.900に置きながら、182.700、182.500で買い戻しをかける回転をイメージしました。
レンジ 182.500(182.700)–(183.550)183.650 
作成時 183.002-015 11:58AM

対ドルは1.52850、1.52950で売りから。ストップは1.53200に置きながら、1.52250、1.52100で買い戻しをかける回転をイメージします。
レンジ 1.52100(1.52250)–(1.52850)1.52950 
作成時 1.52539-551 11:48AM

豪ドル 売り>

豪ドル円は84.450、84.550で売りから。ストップは84.950に置きながら、83.850、83.700で買い戻しを行うような回転をイメージ。
レンジ 83.700(83.850)–(84.450)84.550 
作成時 83.979-987 11:58AM 

対ドルは0.70400、0.70500で売りから。ストップは0.70800に置きながら、0.69750、0.69600で買い戻しをかける回転をイメージします。
レンジ 0.69600(0.69750)–(0.70400)0.70500
作成時 0.69937-949 11:49AM

<ニュージードル 売り>

ニュージー円は75.700、75.800で売りから。ストップは76.150に置きながら、75.100、75.000で買い戻しする回転をイメージ。
レンジ 75.000(75.100)–(75.700)75.800 
作成時 75.386-400 11:59AM

対ドルは0.63100、0.63200で売りから。ストップは0.63350に置きながら、0.62500、0.62300で買い戻しを図る回転をイメージ。
レンジ 0.62300(0.62500)–(0.63100)0.63200 
作成時 0.62792-809 11:51AM

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役