マーケット

本日もドル円・ユーロドル・クロス円全て売りから

【著者】

10月28日の概況

お早うございます。FOMC声明は「利上げについて雇用とインフレの進展度合いによる」、さらに「世界経済が経済活動を抑制するという文言」が削除されて、前回中国経済や新興国問題で利上げできなかったと受け取った市場はFRBが12月の利上げに対して前向きと捉えてドル買い反応!

ただしこれは、何も出ない、だからドル売り!を進めていた連中の損切りの買戻しがたぶんに含まれ、最初のヘッドラインで利上げなしが出て、当初ドル売りで反応した次に「世界経済が経済活動を抑制するという文言」が削除されて利上げを進める上で障害になった中国・新興国問題が前回比較で重要ではないと認識している→ 12月の利上げ可能性がしっかり残されている→ドル買戻しと反応したわけで、実際には今までと何ら変わらず数字によるわけです。
オーバーシュートしたドル買いの反動でドル売りが入ると思いますが、今日のアジア一杯ドルが強いのか、24時間回ってみないとドルが反落しないのかなんともはっきりせず、とりあえずは120.80-90が固まったかどうか、押し目買い先行で入って確認する動きが強まるだろう。ただしはっきり認識しておきたいのは、12月に利上げすると示唆している訳でもなく、今までの数字重視姿勢を繰り返しただけ。

利上げに含みを持たせただけなのであまり強くドル買いに反応するのはどうかなと疑問に思っています。FOMC何もでない→ドル売り、ショート溜まる→押しを拾って海外の日銀金融緩和思惑で円売りが入るのを待つ→利食い、日銀何もせず!ドル売り・・・ という流れをイメージしていましたが、最初からつまずいております。

10月29日 短期売買方針

<ドル円 売り>
ドル円は121.150、121.250で売り先行で。ストップは121.500に置きながら、120.550、120.400で買い戻しを図るような回転をイメージしました。
レンジ 120.400(120.550)–(121.150)121.250 
作成時 120.712-715 10:09AM


<ユーロドル 売り>

ユーロドルは1.09550、1.09650で売りから。ストップは1.09900に置きながら、1.08850、1.08700で買い戻す回転をイメージ。
レンジ 1.08700(1.08850)–(1.09550)1.09700 
作成時 1.09130-135 10:14AM

<ユーロ円 売り>

ユーロ円は132.200、132.350で売りから。ストップは132.550に置きながら、131.600、131.500で利食いを行う方針。
レンジ 131.500(131.600)–(132.200)132.350 
作成時 131.763-769 10:15AM

<ポンド 売り>
ポンド円は184.580、184.700で売りから参入する。ストップは185.050に置きながら、183.900、183.750で買い戻しを図る方針。
レンジ 183.750(183.900)–(184.580)184.700 
作成時 184.299-312 11:30AM

対ドルは1.52850、1.52950で売りから。ストップは1.53150に置きながら、1.52200、1.52100で買い戻す回転をイメージ。
レンジ 1.52100(1.52200)–(1.52850)1.52950 
作成時 1.52656-667 10:57AM

<豪ドル 売り>
豪ドル円は86.150、86.250で売りから。ストップは86.550に置きながら、85.600、85.450で買い戻す回転をイメージしました。
レンジ 85.450(85.600)–(86.150)86.250 
作成時 85.834-842 11:31AM

対ドルは0.71320、0.71450で売りから。ストップは0.71700で。利食いは0.70700、0.70600でイメージしたい。
レンジ 0.70600(0.70700)–(0.71320)0.71450 
作成時 0.71035-046 10:58AM

<ニュージードル 売り>
ニュージー円は80.900、81.000で売りから参入する方針。ストップは81.350に置きながら80.300、80.200で買い戻す回転をイメージしました。
レンジ 80.200(80.300)–(80.900)81.000 
作成時 80.634-648 11:32AM

対ドルは0.66980、0.67100で売りから。0.67250でストップを置きながら、0.66300、0.66200で買い戻しをかけるような回転をイメージしました。
レンジ 0.66200(0.66300)–(0.66980)0.67100 
作成時 0.66751-768 10:59AM

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役