マーケット

ドル円・ユーロドル・クロス円は売りで。ニュージー円は押し目買いイメージ

【著者】

4月17日の概況

お早うございます。週末は天気が良かったり、俄か雨だったりで天気がはっきりしませんでしたが、皆さんはどうお過ごしでしたか?先週、お世話になった方のご葬儀があり、お通夜に行ってまいりましたが、避けられない突然の死、人生の無常さを強く感じた出来事でした。毎日を精一杯悔いのない人生を送りたいものだと強く思いました。

さて、週末に中国人民銀行が預金準備率を今日付で1.0%引き下げると発表しました。中国景気拡大期待から大きく窓を開けて豪ドルが買われましたが、今は反落中。この豪ドル買いからユーロ豪ドルやポンド豪ドルが窓を開けてスタートしましたが、今は開けた窓を埋める動きが出ています。

ドル円はNYの引けの118.95とほぼ変わらない寄付きですが、若干ドル売りの流れで118.828まで下げて、また118.90台まで戻して来ました。先週金曜日ですが、自分としては全く納得がいっていない米CPIでドル円が上昇・・・・米10年債利回りが急騰しドル円は119.26までタッチしていますが、23:00のミシガン大消費者信頼感指数が予想94.0に対し95.9と良かったものの、3月の景気先行指数が予想0.3%に対し0.2%と若干低いぐらいでしたが、今度は長期金利が急低下し、ドル円はその後ずるずると下値を切り下げて118.74まで反落して118.95で越週しています。

今でもドル円を買いあがった理由が自分でははっきり理解できていませんが、(市場でアジア時間からドルショートが溜まっていたとしても)119.26まで買いあがったぐらいでショートが全部切れるわけでもないと思われるのに簡単に118.80が割れるなど良く判らない値動きでした。

ただしこれら一連の値動きからドル円の上値の重たさが伝わってきて、方向としては119円台前半でドル売りする戻り売り待ちイメージ。118.50手前では実需の買いや機関投資家の買いが隠れていそうで、あまり突っ込み売りを行いたくなく利食いを確実に行うイメージ。
海外株式の大幅安の動きから今日の日経平均も要注意。売り先行で参入するイメージをサポートしそうです。

ギリシャの不透明感もあって、元気よくユーロは買えませんが、1.0750以下、1.0700は買い戻し意欲が強いか?本来なら1.0850手前で折り返した(高値1.08487)動きから本日は1.0825、1.0835は上値重たそうです。基本短期で売りから参入。1.0850越えたら一旦ショートはカットして再度1.09近辺の売り場を待つイメージで見ています。
今週もよろしくお願い申し上げます。

4月20日 短期売買方針

<ドル円 売り>
ドル円は 119.050、119.150で上値が重たく戻り売りから。ストップは119.250で浅く置いて、抜けたら再度119.30台から119.40で戻り売りを狙う。119.51越えたらストップ。利食いは118.700、118.600でイメージします。
レンジ 118.600(118.700)–(119.050)119.200 
作成時 118.844-847 9:14AM

<ユーロドル 売り>
ユーロドルは 1.08280、1.08380で売りから参入する方針。ストップは1.08510に置きながら、1.07700、1.07500で利食いするような回転をイメージします。
レンジ 1.07500(1.07700)–(1.08300)1.08450 
作成時 1.08049-054 9:15AM

<ユーロ円 売り>
ユーロ円は 128.700、128.800で引き付けて売りから。ストップは129.050に置きながら、128.100、128.000で買い戻しを行う方針。
レンジ 128.000(128.100)–(128.750)128.900 
作成時 128.424-432 9:16AM

<ポンド 売り>
ポンド円は 178.430、178.550で売りから。ストップは178.800に置きながら、177.750以下、177.600でショートを利食いする回転をイメージしました。
レンジ 177.600(177.750)–(178.430)178.550 
作成時 178.091-104 10:25AM

対ドルは1.50250、1.50350で売りから。ストップは1.50600に置きながら、1.49400、1.49250で買い戻すようなオペレーションをイメージしました。
レンジ 1.49200(1.49400)–(1.50250)1.50450 
作成時 1.49774-787 10:11AM

<豪ドル 売り>
豪ドル円は93.300、93.400で売りから参入する方針。ストップは93.650に置きながら、92.450、92.350で利食いするような回転をイメージしています。
レンジ 92.350(92.450)–(93.300)93.400 
作成時 92.951-960 10:26AM

対ドルは0.77750、0.77650で押し目を買いから。ストップは0.77500に置きながら、0.78450、0.78550で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 0.77600(0.77750)–(0.78450)0.78600 
作成時 0.78097-109 10:13AM

<ニュージードル 買い>
ニュージー円は 91.350、91.250で買いから参入する方針。ストップは91.000に置きながら、91.950、92.050で利食いするような回転をイメージします。
レンジ 91.200(91.350)–(91.950)92.100 
作成時 91.729-743 10:28AM

対ドルは0.76800、0.76700で買いからのスタンス。0.76450にストップを置きながら、0.77350、0.77500で利食いするような回転をイメージしています。
レンジ 0.76650(0.76800)–(0.77350)0.77500 
作成時 0.77070-087 10:14AM

新規口座開設はこちら
小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役