マーケット

移動平均線

【著者】

ローソク足と並び、ポピュラーなチャートが移動平均線です。
1960年代にアメリカのチャーティストであるJ.Eグランビルが統計学の移動平均法を株式に応用して生み出されたものであり、今日もっとも多くのトレーダーに使用されているテクニカル指標のひとつだと言われています。

移動平均線の種類

単純移動平均線(SMA)・・・移動平均線と呼ぶときには一般的に単純移動平均線のことを指す。期間内の終値の平均価格を結んだライン。5日、20日、75日、200日と期間も様々にある。チャート画面では、Simple Moving Avarageの頭文字をとってSMAと表記されることも多い。

*例えば、直近5日間のドル円の終値が100円,101円,106円,98円,102円ならば、100+101+106+98+102÷5で求めることができる。5日移動平均線を表示させることができる。

指数平均移動平均線(EMA)・・・移動平均線のデメリットとは、過去にさかのぼって終値の平均価格を結ぶため、直近の値動きに反応が鈍くなってしまうことである。なので、計算方法を現在の値動きに重きをおいて算出されたのが指数平均移動平均線である。テクニカル指標のMACDはEMAを使って算出される。チャート画面では、Exponential Moving Averageの頭文字をとってEMAと表記されることも多い。
または、単純にMoving Average=MAとする場合もあります。

単純移動平均線の期間について

単純移動平均線は短期と長期の移動平均を同時に表示させトレードするのが、一般的な使い方の一つと言われています。ほとんどのチャートは期間設定(パラメーター)を変更できるようになっているのが多いです。

短期
5日・・・1週間の内トレードされる日数が月曜日から金曜日までで5日間あるので使われるそうです。
20日・・・5日の4週分で約1ヶ月の平均を計ることができます。
25日・・・こちらも20日と同様、約1ヶ月の平均を計れます。
75日・・・こちらは約3月分の平均を計ります
90日・・・約3ヶ月半~4ヶ月の平均を出すことが出来ます。

中期
200日・・・移動平均を開発したグランビルは200日移動平均線が一番信頼できると著書に書きました。200日移動平均線だけは、一本だけで表示されることも多いです。ローソク足が200日移動平均線の上にあるのか、下にあるのかで買いが優勢なのか売りが優勢なのか判断できます。

長期
24ヶ月・・・2年の平均を計ります
200週・・・こちらは3年半~4年の平均を求めることができ、200日移動平均線とともに用いられることが多いです。

一般的に使われるのが、「5日×20日」、「20日×75日」といった組み合わせになります。これらの組み合わせは、いわゆるデイトレードに適しているかも知れません。

これら中長期の移動平均線は、いわゆるスイングトレードやポジショントレードといった長い時間保有するトレードに使われることが多いです。
また、ここでは短期・中期・長期とわけましたが、トレードの仕方によって使い方は様々になります。

※日足で表示している場合以外でも、設定が20となっていれば20日移動平均線と呼びます。例えば1時間チャートを表示している場合でも、ローソク足が20日移動平均線(20MA)を上抜ける。と言います。

単純移動平均線を使ってトレードしてみよう!

移動平均線は相場が今どういう状況にあるのか目安を計るのに使うのが一般的な見方と言われています。今回は25日移動平均線=赤色の線と75日移動平均線=青色の線の二つを表示させて検証してみましょう。

ドル円日足 2014年2月~2014年12月
25日移動平均線 75日移動平均線

Point①まず、水色の丸で囲った箇所はレンジ相場と言えるでしょう。このような時、短期と長期の移動平均線は絡みあって方向感がでません。

Point②その後、25日移動平均線に下値がサポートされ始め、25日移動平均線と75日移動平均線の距離が広がりはじめます。短期線と中期線の距離が上方向に広がっていることから上昇トレンドが発生していると判断することでき、押し目買いの機会を待つことなどができます。

Point③赤丸で囲った箇所は上昇トレンドの途中で下落しているところです。みていただいたらわかるように、75日移動平均にサポートされていることがわかります。このように、移動平均線はサポートされたり、下落場面では上値の抵抗帯になったりすることもあります。

移動平均線を表示させていろいろチャートをみてみると新しい発見があるかもしれません。

藤田 真史|みんかぶ編集部アシスタント

藤田 真史|みんかぶ編集部アシスタント

2015年よりFXをはじめて修行中。好きなものはリスクオフ相場。趣味はショートすること。初心者の方々にわかりやすい記事をお届けします!!